フジも見習え!”予算なし人気芸能人なし”テレ東の自虐的企画力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
teretou_01_140707.jpg
『TVディレクターの演出術──物事の魅力を引き出す方法』(ちくま新書)

 民放他局から「振り向けばテレ東」と揶揄されていたのも今は昔──凋落が叫ばれ、若者には「オワコン」と吐き捨てられるテレビ業界にあって、唯一、快進撃を続けているのがテレビ東京だ。

 まず、3月まで放送された北大路欣也主演のドラマ『三匹のおっさん』最終回はテレ東史上最高となる平均視聴率12.6%(関東地区)を記録し他局を驚かせたばかりだが、現在放送中の昼の帯番組『昼めし旅~あなたのご飯見せてください!~』も6月26日放送分で2.0%を獲得。フジテレビが肝入りでスタートさせた『バイキング』を追い抜かんとする勢いを見せている。

 さらに、「土曜スペシャル」枠の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は、太川陽介×蛭子能収という地味なキャスティングながら人気を博し、『モヤモヤさまぁ〜ず2』や『Youは何しに日本へ?』といったバラエティ番組は、名誉あるテレビ賞・ギャラクシー賞奨励賞を獲得。開局以来初の2週間連続で生放送を行った『トーキョーライブ24時~ジャニーズが生で悩み解決できるの!?』は、4月度の月間賞にも輝くなど、番組の数字・評価ともにうなぎ登りの状態だ。

 しかし、なぜテレ東だけが元気なのか。その秘密を“テレ東魂”が詰まった『TVディレクターの演出術──物事の魅力を引き出す方法』(ちくま新書)から紹介しよう。

 この本の著者は、『TVチャンピオン』や『空から日本を見てみよう』、『ジョージ・ポットマンの平成史』『世界ナゼそこに? 日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜』などを担当してきたテレ東ディレクター・高橋弘樹氏。まず、彼はまえがきの自己紹介から「僕はテレビ東京という小さなテレビ局で、ディレクターをしています」と、5大キー局にも関わらず“小さな”と自虐を差し込む。すでにここから、シースー(寿司)だのと時代錯誤な業界用語を使わない人物であろうことが滲み出ている。

 そして畳みかけるように、著者は「みなさんは、テレビ東京がどこにあるかおわかりでしょうか」と唐突に尋ね、「おそらく即答できる人は、ほぼいないでしょう」と続けている。ちなみに答えは「神谷町」。「神谷町は港区の中でも、一、二を争う微妙なリアクションが得られる駅なのです」と三度の自虐を展開するほど、汐留(日本テレビ)、六本木(テレビ朝日)、お台場(フジテレビ)、TBS(赤坂)と都内の一等地ないしは話題のスポットに点在する他局に比べて、いかにテレ東が地味で目立たないかを強調している。

 自虐はさらに続く。いわゆるテレ東らしさを醸し出しているのは、前出の『Youは〜』や、通勤中のサラリーマンたちに声をかけて会社を休むことを説得し、逆方向の電車に乗せてしまうことで話題を呼んだ『逆向き列車』のように、素人メインの心地よいユルさがある「手作り番組」の多さだ。しかし、それも狙ったわけではないという。著者はじつにあけすけにこう綴る。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

TVディレクターの演出術: 物事の魅力を引き出す方法 (ちくま新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

フジも見習え!”予算なし人気芸能人なし”テレ東の自虐的企画力のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。テレビ東京バラエティフジテレビの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
3 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
8 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 財務次官セクハラが海外メディアでも
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
17 高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
19 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
20 上念司もケントと同様、加計の客員教授
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
9 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!