がん告知、失恋、子宮摘出…AV女優・麻美ゆまの壮絶な闘病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
asamirestart_140702.jpg
『Re Start ~どんな時も自分を信じて~』(講談社)

「卵巣に良くない腫瘍が見つかり、手術を行い、現在抗がん剤の治療をしています」

 人気AV女優であった麻美ゆまがTwitterでそう告白して、約1年が経った。休業宣言と激やせぶりから、ネット上では「何か重い病気なのでは?」と憶測が広がっていたが、この告白に衝撃を受けた人は多かった。当時、彼女の年齢は26歳。厳しい治療に耐えるだけでなく、卵巣と子宮を全摘出するという酷な現実。彼女に“お世話になってきた”男性以上に、女性のほうが他人事とは思えず胸を締め付けられたはずだ。

「私と同じ経験をする人が一人でも少なくなれば」──そんな思いで彼女が綴った自伝『Re Start〜どんな時も自分を信じて』(講談社)から、その壮絶な闘病を紹介しよう。

 まず、麻美が病院を訪れたのは、2013年1月のことだった。以前から腸の調子が悪く下痢が続き、そんなに食べてもいないのにお腹がぽっこりと膨らむように。さらに膨満感もひどくなり、ようやく時間もできたので病院の「総合診療科」を受診した。もちろん、そのときは深刻な病気であることなど想像もせず、たんなる腸炎くらいに捉えていたという。

 しかし、担当した医師は予想外の話を始める。「けっこうな量の腹水が溜まっているんですよ」。婦人科で詳しく検査を行うこととなり、その後告げられた検査結果はあまりにショックな内容だった。

“卵巣に「あまりよくない腫瘍」が写っている。10人が見たら10人が悪性だと疑うものだ。早く手術が必要で、抗がん剤の治療も行う。子宮と卵巣も全摘出することになる”

 ──この結果を聞かされ、当然のことながら麻美の頭の中は真っ白に。自分は卵巣がんなんだと思い込むばかりで、気持ちの整理もつかない。それでも彼女は、その足でメンバーとして活躍していた「恵比寿マスカッツ」のCDジャケット撮影に参加。このときの写真が本書にはおさめられているのだが、そんな不安など露とも感じさせず、麻美はおどけたポーズで元気な笑顔を浮かべている。だが実際は、「心身ともに限界でした」と振り返る。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Re Start ~どんな時も自分を信じて~

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

がん告知、失恋、子宮摘出…AV女優・麻美ゆまの壮絶な闘病のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。がん闘病麻美ゆまの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画