>  >  > AV女優・麻美ゆまの壮絶ながん闘病

がん告知、失恋、子宮摘出…AV女優・麻美ゆまの壮絶な闘病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
asamirestart_140702.jpg
『Re Start ~どんな時も自分を信じて~』(講談社)

「卵巣に良くない腫瘍が見つかり、手術を行い、現在抗がん剤の治療をしています」

 人気AV女優であった麻美ゆまがTwitterでそう告白して、約1年が経った。休業宣言と激やせぶりから、ネット上では「何か重い病気なのでは?」と憶測が広がっていたが、この告白に衝撃を受けた人は多かった。当時、彼女の年齢は26歳。厳しい治療に耐えるだけでなく、卵巣と子宮を全摘出するという酷な現実。彼女に“お世話になってきた”男性以上に、女性のほうが他人事とは思えず胸を締め付けられたはずだ。

「私と同じ経験をする人が一人でも少なくなれば」──そんな思いで彼女が綴った自伝『Re Start〜どんな時も自分を信じて』(講談社)から、その壮絶な闘病を紹介しよう。

 まず、麻美が病院を訪れたのは、2013年1月のことだった。以前から腸の調子が悪く下痢が続き、そんなに食べてもいないのにお腹がぽっこりと膨らむように。さらに膨満感もひどくなり、ようやく時間もできたので病院の「総合診療科」を受診した。もちろん、そのときは深刻な病気であることなど想像もせず、たんなる腸炎くらいに捉えていたという。

 しかし、担当した医師は予想外の話を始める。「けっこうな量の腹水が溜まっているんですよ」。婦人科で詳しく検査を行うこととなり、その後告げられた検査結果はあまりにショックな内容だった。

“卵巣に「あまりよくない腫瘍」が写っている。10人が見たら10人が悪性だと疑うものだ。早く手術が必要で、抗がん剤の治療も行う。子宮と卵巣も全摘出することになる”

 ──この結果を聞かされ、当然のことながら麻美の頭の中は真っ白に。自分は卵巣がんなんだと思い込むばかりで、気持ちの整理もつかない。それでも彼女は、その足でメンバーとして活躍していた「恵比寿マスカッツ」のCDジャケット撮影に参加。このときの写真が本書にはおさめられているのだが、そんな不安など露とも感じさせず、麻美はおどけたポーズで元気な笑顔を浮かべている。だが実際は、「心身ともに限界でした」と振り返る。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Re Start ~どんな時も自分を信じて~

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
2 乙武別居で障碍者への偏見報道が
3 大手メディア参院選情勢調査の結果は
4 安倍も政治資金の公私混同が次々判明
5 安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
6 安倍のPR動画パロディを自民党が削除
7 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
8 上原亜衣は? AV女優の引退後
9 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
10 護憲派の天皇皇后が安倍政権に危機感
11 報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
12 党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
13 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
14 宇野常寛が舛添イジメ批判
15 蒼井そらが「AV出演強要逮捕は冤罪」
16 20代の半分が童貞?歴史上の偉人も
17 米研究者が沖縄レイプ事件は必然と指摘
18 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
19 舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
20 松本人志が16億土地転がしを否定も…
PR
PR
1宇野常寛が舛添イジメ批判
2フジロックに政治を持ち込むなというバカ
3安倍も政治資金の公私混同が次々判明
4安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
5文春が東京五輪を!電通元専務に金
6報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
7議事録改ざん繰り返す安倍政権の危険性
8安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
9NHKディレクターが語る原発報道圧力
10党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
11安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
12舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
13百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
14安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
15大手メディア参院選情勢調査の結果は
16元北京総局長が「読売は日本の人民日報」
17安倍のPR動画パロディを自民党が削除
18日本会議の抱える“後ろめたさ”とは?
19日本企業のタックスヘイブンが激増!
20自民党の地方議員は差別主義者だらけ
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」