>  >  > AV女優・麻美ゆまの壮絶ながん闘病

がん告知、失恋、子宮摘出…AV女優・麻美ゆまの壮絶な闘病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
asamirestart_140702.jpg
『Re Start ~どんな時も自分を信じて~』(講談社)

「卵巣に良くない腫瘍が見つかり、手術を行い、現在抗がん剤の治療をしています」

 人気AV女優であった麻美ゆまがTwitterでそう告白して、約1年が経った。休業宣言と激やせぶりから、ネット上では「何か重い病気なのでは?」と憶測が広がっていたが、この告白に衝撃を受けた人は多かった。当時、彼女の年齢は26歳。厳しい治療に耐えるだけでなく、卵巣と子宮を全摘出するという酷な現実。彼女に“お世話になってきた”男性以上に、女性のほうが他人事とは思えず胸を締め付けられたはずだ。

「私と同じ経験をする人が一人でも少なくなれば」──そんな思いで彼女が綴った自伝『Re Start〜どんな時も自分を信じて』(講談社)から、その壮絶な闘病を紹介しよう。

 まず、麻美が病院を訪れたのは、2013年1月のことだった。以前から腸の調子が悪く下痢が続き、そんなに食べてもいないのにお腹がぽっこりと膨らむように。さらに膨満感もひどくなり、ようやく時間もできたので病院の「総合診療科」を受診した。もちろん、そのときは深刻な病気であることなど想像もせず、たんなる腸炎くらいに捉えていたという。

 しかし、担当した医師は予想外の話を始める。「けっこうな量の腹水が溜まっているんですよ」。婦人科で詳しく検査を行うこととなり、その後告げられた検査結果はあまりにショックな内容だった。

“卵巣に「あまりよくない腫瘍」が写っている。10人が見たら10人が悪性だと疑うものだ。早く手術が必要で、抗がん剤の治療も行う。子宮と卵巣も全摘出することになる”

 ──この結果を聞かされ、当然のことながら麻美の頭の中は真っ白に。自分は卵巣がんなんだと思い込むばかりで、気持ちの整理もつかない。それでも彼女は、その足でメンバーとして活躍していた「恵比寿マスカッツ」のCDジャケット撮影に参加。このときの写真が本書にはおさめられているのだが、そんな不安など露とも感じさせず、麻美はおどけたポーズで元気な笑顔を浮かべている。だが実際は、「心身ともに限界でした」と振り返る。

この記事に関する本・雑誌

Re Start ~どんな時も自分を信じて~

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 梅沢富美男が高畑事件で女性蔑視発言
2 井筒監督がマスコミの差別意識を暴露!
3 夏目の事務所が有吉の子妊娠報道に圧力
4 SMAP解散報道のタブーにミタパンが
5 キムタク最大のタブーとは?
6 木村拓哉帰国でJがトンデモ情報操作
7 リオで椎名林檎が五輪批判の舞台音楽を
8 グッディ!土田マジギレ真の原因
9 山本太郎が安保法制の「ネタ元」暴露
10 林真理子がなんとキムタク批判!
11 SMAPファンがジャニーズの嘘を暴露
12 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
13 X JAPAN、TAIJIの死の謎
14 キムタク「両親と絶縁」は静香の影響
15 片山さつきが貧困女子高生を卑劣攻撃
16 SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない
17 日本の恥!リオ閉会式で安倍が政治宣伝
18 宇多丸が「大本営発表はいまの問題だ」
19 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
20 娘婿まで追放、メリーの暴走老人ぶり
PR
PR
1吉永小百合が「9条は変えさせない」
2日本の恥!リオ閉会式で安倍が政治宣伝
3長崎原爆の式典で警察が「改憲反対」取締まり!
4稲田朋美防衛相が520万円領収書偽造
5NHKがピーコの戦争批判をカット!
6水原希子が靖国神社にNO!
7みうら&クドカンも憲法改正に危機感
8片山さつきが貧困女子高生を卑劣攻撃
9井筒監督がマスコミの差別意識を暴露!
10大嘘つき!安倍がオバマの核軍縮を妨害
11安倍のワシントンポスト報道否定は大嘘
12再稼働した伊方原発は日本で一番危険!
13稲田朋美が語っていた靖国の恐怖の目的
14SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない
15SEALDs解散!奥田愛基インタビュー
16甘利明事件潰しの法務官僚が事務次官に
17リオで椎名林檎が五輪批判の舞台音楽を
18天皇生前退位でよしりんvs日本会議
19小池百合子にも政治とカネの重大疑惑
20SMAPが解散を発表!原因はキムタク
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」