ルールを犯すと総攻撃? ジャニヲタたちの"鉄の掟"

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「Thinkstock」より

【ビジネスジャーナル初出】(2014年4月)

 先日、「週刊文春」(文藝春秋/4月10日号)で大きく報じられた、ジャニーズJr.岩本照のファン傷害事件。昨年11月に20代の女性ファンが岩本に顔面を殴打され、手術するほどの大ケガを負ったことが明らかになった。この事件が報じられた当初は岩本に非難が集中したが、被害女性が度を越した追っかけ行為をする"ヤラカシ"であったこと、SNSで「暴力を振るわれなすぎてちょっと寂しい」といった発言をしていたことが明らかになり、一気に風向きが逆転。メディアはこぞって、ヤカラシや行き過ぎた行為が目立つジャニーズファンを問題視するようになった。

 しかし、ヤカラシやマナーを守らないファンは、全体から見ればごく一部の人たちでしかない。

 そこで今回は、マナー遵守のために涙ぐましいほどの努力をしているファンの実態を、"ジャニーズファンのあるある本"『ジャニヲタ談話室!』(みきーる著、二平瑞樹漫画/イーストプレス)を例に見てみよう。

 岩本事件の被害者ではないが、ファンが注意しなくてはいけないのがSNSでの発言。特に、コンサートや舞台のチケット当落については非常に神経を使うもの。人気絶頂の嵐やメンバーの誕生日にぶつかった公演は倍率が高く、無邪気に当選を報告すると、理不尽な言いがかりをつけられることも多い。本書では気をつけるべき例として、「外れた人は、愛が足りなかったんじゃないの?」「倍率低かったのかな?」などの無自覚な自慢ツイートに注意を促している。誰かの怒りを買わぬよう、うれしいときこそ自制心が求められるのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ルールを犯すと総攻撃? ジャニヲタたちの"鉄の掟"のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズルールの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画