ルールを犯すと総攻撃? ジャニヲタたちの"鉄の掟"

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「Thinkstock」より

【ビジネスジャーナル初出】(2014年4月)

 先日、「週刊文春」(文藝春秋/4月10日号)で大きく報じられた、ジャニーズJr.岩本照のファン傷害事件。昨年11月に20代の女性ファンが岩本に顔面を殴打され、手術するほどの大ケガを負ったことが明らかになった。この事件が報じられた当初は岩本に非難が集中したが、被害女性が度を越した追っかけ行為をする"ヤラカシ"であったこと、SNSで「暴力を振るわれなすぎてちょっと寂しい」といった発言をしていたことが明らかになり、一気に風向きが逆転。メディアはこぞって、ヤカラシや行き過ぎた行為が目立つジャニーズファンを問題視するようになった。

 しかし、ヤカラシやマナーを守らないファンは、全体から見ればごく一部の人たちでしかない。

 そこで今回は、マナー遵守のために涙ぐましいほどの努力をしているファンの実態を、"ジャニーズファンのあるある本"『ジャニヲタ談話室!』(みきーる著、二平瑞樹漫画/イーストプレス)を例に見てみよう。

 岩本事件の被害者ではないが、ファンが注意しなくてはいけないのがSNSでの発言。特に、コンサートや舞台のチケット当落については非常に神経を使うもの。人気絶頂の嵐やメンバーの誕生日にぶつかった公演は倍率が高く、無邪気に当選を報告すると、理不尽な言いがかりをつけられることも多い。本書では気をつけるべき例として、「外れた人は、愛が足りなかったんじゃないの?」「倍率低かったのかな?」などの無自覚な自慢ツイートに注意を促している。誰かの怒りを買わぬよう、うれしいときこそ自制心が求められるのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ルールを犯すと総攻撃? ジャニヲタたちの"鉄の掟"のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズルールの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
2 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3 義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
4 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
5 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
6 『ラ・ラ・ランド』に論争勃発
7 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
8 星野源が考える“新しい家族”とは
9 安倍首相のFacebookのヘイトがひどい
10 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
11 加計学園で設置審委員が内情暴露!
12 『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が
13 JASRACが坂本龍一を騙しうち!
14 鶴田真由と昭恵夫人は日ユ同祖論の同志
15 日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
16 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
17 希望に翻弄された!? 嘉田氏に直撃!
18 高校生平和大使の演説中止と安倍政権
19 能年玲奈は独立できるか?飼い殺しも
20 欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
1佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
2加計が留学生募集!四国の獣医不足は?
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4トランプ来日の目的は武器売りつけ
6直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
7日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
8テレビが封印した安倍とトランプの映像
9横田さんはトランプに戦争しないでと伝えたいのに安倍が
10義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
11萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
12国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
13欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
14沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
15トランプ来日を歓迎するマスコミの異常
16マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
17安倍が「文化の日」を「明治の日」に
18山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
19「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
20トランプの精神障害を疑うのは当然だ! 

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」