グラビア進出の"美人すぎる元小学館編集者"が語らない過去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
anna0522.jpeg
坪井安奈オフィシャルブログより

【messy初出】(2014年5月)

 読者の皆さんは先日、「週刊プレイボーイ」(集英社)でグラビアデビューを飾った坪井安奈というタレントをご存知だろうか。一般的にはまだあまり知られていないが、マスコミ業界では、この女性がちょっとした話題になっている。

 というのも、この坪井さん、もともとは大手出版社・小学館の編集者だったのだ。本人もその経歴を公開しており、インタビューなどには常に"小学館の元美人編集者""美人すぎる元雑誌編集者"といった冠がつき、先の「週刊プレイボーイ」にも、「大手出版社『小学館』を退職し、元編集者がOLタレントとして新たな人生のスタートを切った」「『せっかく小学館に入ったのにもったいない!』何度も言われた台詞」などのコピーが踊った。

 同じグループ会社の発行物で「せっかく〜」「もったいない」などという文言を平気で使えるマスゴミ様の"上から目線"にはびっくりだが、しかし、たしかに小学館編集者→グラビアアイドルという転身は異例だ。

「坪井さんは現在、ゲーム会社のグラニでPR担当をやっているOLタレントでもあるのですが、やはり"小学館の元編集者"という肩書きのほうがインパクトがあるようです。『週プレ』が無名の新人の水着で巻頭8ページ、しかも袋とじという異例の扱いをしたのも、その経歴ゆえでしょう」(大手出版社・グラビア編集者)

 だが、異色の経歴が売りのこの坪井さんだが、なぜか本人の口から語られない単語があるという。それは小学館の配属先のことだ。

 実は、坪井さんが配属されていたのは、芸能ゴシップが売りの女性週刊誌「女性セブン」だった。

「しかも、芸能班に配属になってバリバリとスキャンダルを追いかけていました。ハリコミ現場を経験したり、深夜に有名人を尾行して潜入取材をしたり。にもかかわらず、そのことは一切語らないんですよ。小学館とか、雑誌編集者とかは話すのに、雑誌の名前は絶対に出さない。よほど嫌な思いをしたのでしょうか。あるいは今後、自分が芸能活動を本格化させたときに、イメージダウンをおそれているのか」(小学館関係者)

 たしかにデビュー直後の「日刊ゲンダイ」(2月11日)のインタビューでも、「編集者として裏方の仕事を経験しました」「雑誌の編集業務に携わり、貴重な経験を積ませていただきました」とは語っていたものの、ハリコミ仕事には一切言及していない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

女性編集者の時代―アメリカ女性誌の原点

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

グラビア進出の"美人すぎる元小学館編集者"が語らない過去のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界小学館美人すぎるの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
2 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
3 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
4 財務次官セクハラが海外メディアでも
5 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
6 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
9 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
10 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 上念司もケントと同様、加計の客員教授
13 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
16 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
17 麻生太郎が愛人の店に2360万円
18 小林麻耶がラジオで涙の本音吐露
19 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
20 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12吉野復興相秘書が復興事業で利益誘導
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14“土俵は女人禁制”は本当に伝統?
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!