影山はなぜ"王様"になった?『ハイキュー!!』の知られざる秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1406_haikyu_secr.jpg
『ハイキュー!!』の秘密(データ・ハウス)

【おたぽる初出】(2014年6月)

 現在アニメも放送中で、Vリーグともコラボするなどバレーボール業界からも注目を集めている「週刊少年ジャンプ」連載中のマンガ『ハイキュー!!』(古舘春一/集英社)。アニメでは主人公の日向翔陽をはじめ、烏野高校バレー部のメンバーやコーチもようやく揃い、ますます盛り上がりを見せている。しかし、もしも日向の身長が高かったら、彼はバレーをやっていなかったかもしれないのだ。そういった考察を紹介している『ハイキュー!!の秘密』(「ハイキュー!!」研究会/データ・ハウス)から、キャラクターの魅力や人気の秘訣について探ってみよう。

 主人公の日向は、身長162.8センチという小柄な体型で、エーススパイカーを目指す少年だ。そんな彼がバレーを始めたきっかけは、小学生の時に春高バレーで活躍していた「小さな巨人」を見て感動したから。身長190センチ近い選手たちのなかで、170センチというバレーにおいては小柄な体型の「小さな巨人」が、その身体で飛び回って活躍する姿を見て「こんな風になれたらカッコ良いなとおもった」というのだ。

 でも、もしも日向が小柄でなかったら、特別「小さな巨人」に惹かれ、憧れることもなかっただろう。実際、「小さな巨人」の知名度はそれほど高くはなかったらしく、日向が通っていた隣町の中学校の教師は全く知らなかった。つまり、「小さな巨人」はあくまで日向にとってのヒーローであり、日向が小さくなければそれほどまでに彼に惹きつけられることはなかったはずなのだ。しかし、「小さな巨人」のおかげで、日向という逸材がバレーを始めることになったのだから、今となってはみんなにとってもヒーローなのかもしれない。

 また、もう1人の主人公とも呼べる1年生セッターの影山飛雄は、誰もが認めるほどの圧倒的なセンスを持つプレイヤーである。ただ、それゆえにスパイカーの打ちやすいトスを上げるのではなく、「自分のトスを打てるスパイカー」を求めたため、中学時代には「コート上の王様」というありがたくないあだ名がつけられてしまった。

 しかし、彼の言動を検証すると、そうなってしまった理由も見えてくる。影山といえば、口が悪く、いつも一言多いキャラでもある。高校で日向と再会した際にも「お前のことはよく覚えてる」「クソ下手くそな奴!!」と言っていたし、初の練習試合で緊張している日向に、「お前が機能しなきゃ他の攻撃も総崩れになると思え」と言っていた。しかし、自分が日向にプレッシャーをかけたのに、キャプテンから注意されても、テンパった日向を見てもまったくピンと来ていなかった。ここからわかるように、彼には余計な一言を言っている自覚がなかったのだ。

 つまり、影山は「自分が他者からどう思われているか」を把握する能力が欠けているということ。その一言がどう受け止められるかを考えないのと同じように、そのトスを上げられたことによって、スパイカーがどのように感じるかなんて考えもしていないのだ。そう考えると、影山が「王様」と呼ばれるようになってしまったのも、仕方がないことに思えてくる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

影山はなぜ"王様"になった?『ハイキュー!!』の知られざる秘密のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バレー秘密週刊少年ジャンプの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 杉田水脈議員が「保育所はコミンテルンの陰謀」
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画