W杯"ジャニーズ"キャスターの情熱なし、友達アピールに批判殺到?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
post_157_20140629.pngSports Graphic Number PLUS「ブラジルW杯蹴球読本

【ビジネスジャーナル初出】(2014年6月)

 いよいよ6月12日(現地時間)、サッカー、2014 FIFAワールドカップ(W杯)ブラジル大会が開幕する。4年に1度の栄冠をどのチームが手に収めるかということと同時に、各テレビ局がメインキャスターや応援団長に迎えているジャニーズタレントたちの"デッドヒート"にも注目が集まっている。生中継での仕切りやサッカーの知識が求められるW杯のメインキャスターを、誰が最もスマートに務めあげられるのだろうか? あらためて、それぞれのキャスターとしての実力や評判を検証してみよう。

 まずは、『すぽると!』(フジテレビ系)の土曜版編集長を務め、ロンドン五輪・ソチ五輪のキャスターも務めた、フジテレビ系W杯キャスターの国分太一(TOKIO)。スポーツに関する知識やキャスターとしての経験に加え、現在は朝の情報番組『いっぷく!』(TBS系)のメインMCをこなしていることから生放送も安心して任せられるが、不安なのは選手への態度。

 一部メディアでは、番組スタッフに誘導されない限り、自分から選手に話しかけたり取材を申し込んだりすることがない"お飾りキャスター"の一面を報じられている。また、サッカー日本代表の試合後にインタビューを行った際にも、複数の選手に「試合を振り返ってください」「今、チームの雰囲気は?」などと同じ質問を投げかけ、インターネット上では「国分のインタビューは精密機械か?」と冷笑する声もみられる。番組進行の技術は評価されているだけに、キャスターとしてのモチベーションを上げられるかが、国分の課題となりそうだ。

 加藤浩次と共に、TBS系のキャスターを務める村上信五(関ジャニ∞)は、番組進行の上手さから「ポスト国分」の呼び声も高く、関西らしいボケやツッコミを織り交ぜたトークも好評。サプライズ選出といわれた日本代表のFW大久保嘉人選手とはプライベートでも仲が良く、大久保選手の結婚式に招待されたり、村上が作詞したソロ曲『Forward』に大久保選手を想定した歌詞が出てきたり、2人の友情はファンの間でも知れ渡っている。

 しかし先日、日本代表のザッケローニ監督にインタビューした際に、「(大久保と)10年来の付き合いがあり、大久保選手が選ばれたことは非常にうれしかった」と個人的な感想を漏らしたことに、「友達アピールはいらない」などという"ツッコミ"が数多くあがった。本番では冷静に場を仕切り、的確なインタビューを行えるかが注目される。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Sports Graphic Number PLUS「ブラジルW杯蹴球読本」

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

W杯"ジャニーズ"キャスターの情熱なし、友達アピールに批判殺到?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サッカージャニーズ手越祐也香取慎吾の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画