内田篤人が川島や吉田と!? W杯でも腐女子の妄想が止まらない!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【日刊サイゾー初出】(2014年6月)

 6月13日の開幕に向けて、ますます盛り上がりを見せているサッカーW杯。しかし、ひそかにそれと同じくらい、いやそれ以上に熱くなっている人たちもいる。それが、日本代表選手で妄想を繰り広げる腐女子たちだ。

 まず、ルックスも実力もハイレベルな内田篤人は、BL界でもすさまじい人気を誇る。童顔で、アイドル並みのかわいらしい見た目をした彼は、その人懐っこさもあり、チームメイトとの仲良さげな写真やエピソードが山盛り。ネタに事欠かない。

 たとえば、キャプテンの長谷部誠とのエピソード。『コンフェデ開幕SP国分くんちのサッカー日本代表に夢中!』(フジテレビ系)という番組で「日本代表の誰とラブラブしたい?」というインタビューを受けた際、内田は「長谷部さんしかいないでしょ」「それ以外はないっすね」と答えているのだ。

 一方、長谷部も、付き合うなら本田圭佑、川島永嗣、内田の3人を挙げているので、「2人は両思い」。さらに、内田が25歳の誕生日に長谷部からパンツを贈られ「うれしいです」と答えているのも、腐女子に「怪しい」と思わせるポイントになっている。

 一方、内田はキーパーの川島ともBL妄想が繰り広げられている。この2人に関しては、川島が後ろから抱くようにして内田の胸に手を当てている写真で一気に注目を集めたようだ。しかも、川島は内田のことを「篤人」と呼び、内田も「永嗣さん」と下の名前で呼んでおり、そのことに反応した腐女子も多い。

 また、サッカーのファンサイト「J's GOALニュース」でも、内田が「最近、寝るとき以外は(川島)永嗣さんのところにいます」「昼寝の時も一緒です」とコメントし、腐女子に燃料を投下。その上、ブラジルW杯アジア最終予選のオーストラリア戦では、内田が相手に与えてしまったPKを川島は止められず、「篤人のためにPKを止めたかった」とコメントしていたことから、ますます妄想が膨らんでいる。川島のガッシリとした体つきや男らしい見た目と内田のかわいらしい感じからか、ネット上では「お似合いのカップルだと思うな」というコメントも数多く見られる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

2 ATSUTO UCHIDA FROM 29.06.2010

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

内田篤人が川島や吉田と!? W杯でも腐女子の妄想が止まらない!!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サッカー内田篤人腐女子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画