韓流・ジャニーズよりモテ力は上!人間よりくまモンに熱狂するファン心理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【サイゾーウーマン初出】(2014年3月)

 テレビに出ずっぱりのふなっしーを筆頭に、今年もまだまだ継続中のゆるキャラブーム。このブームの立役者といえば、熊本県のPRキャラクター・くまモンだろう。3月10日に熊本県が発表した2013年のくまモンを使用した商品の売上高は、前年比1.5倍の449億4,500万円だといい、安定した人気を誇っている。

 だが、気になるのは、くまモンのファン層。以前、「女性自身」(光文社)でも、くまモンにエルメスのバッグにサインをしてとねだる、41歳独身の熱烈なくまモンの追っかけ女性が紹介されていたが、若い女性に人気のふなっしーとは対照的に、くまモンファンには40代以上が多いらしい。

 なぜ、くまモンは彼女たちをトリコにするのか? その謎を解く本が、先日出版された。タイトルもズバリ『くまモン力 人を惹きつける愛と魅力の秘密』(イースト・プレス)。著者の亀山早苗氏は、熱烈なくまモンの追っかけであるだけでなく、これまでに『夫の不倫で苦しむ妻たち』『不倫の恋で苦しむ女たち』(ともに新潮社)や、『セックスレス そのとき女は』(中央公論新社)といった"生々しい男女の関係"を数多くテーマに選んできたライターだ。どうして男女の機微を知り尽くした女性が、今くまモンにハマるのか。その実態を本書から探ってみたい。

 そもそも「キャラクターものに心惹かれたことは、一度もなかった」という著者だが、くまモンは「まさに一目惚れ」。くまモンに会うと「ぎゃあ、くまモン」と叫んでしまい、「そして、状況が許せば飛びついてハグする」のだという。この"お触りOK"というのが、ゆるキャラの大きなポイント。ジャニタレやAKB48のメンバーにハグすれば、すぐさま出禁になりそうだが、ゆるキャラにはそういった心配もない。

 だが、お触りならばほかのゆるキャラだって許されている行為。くまモンが特別なのは、そのサービス精神だ。例えば、著者が挙げるくまモンの"いちばんかわいいポーズ"は、「口を両手に当てる仕草」。しかし、これをただ繰り出しているわけではない。熊本まで追っかけた時に「東京から、くまモンに会いに来たのよ」と言えば、くまモンのリアクションは"後ろにのけぞるポーズをとってからの「口に両手」"。そうして驚いて見せた後で、親愛のハグへと続くのだ。

 また、「くまモン、もっとかわいいかっこして」とリクエストした際は、口に手を当てる鉄板ポーズに加え、大きく体を横に傾けてお尻をプリプリしながら後ろ向きに近づいてきたという。無茶ぶりへも臨機応変に対応するこの姿勢は、ゆるキャラ界のAKB48・大島優子といった感じだろうか。

 加えて驚きなのが、くまモンは「しょっちゅう顔を見て知っている人には、顔を撫でたり頬を両手で挟んだりする」ということ。"認知アピール"も怠らないとは、さすがファンの心をくすぐるプロ。もちろん、くまモンにハグをすれば、心地よい毛並みに「ほっこり安心」してしまう。──心を掴まれるだけでなく、肉体的にもすごくイイとくれば、人気が出るのも必然である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

くまモン力 人を惹きつける愛と魅力の秘密

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

韓流・ジャニーズよりモテ力は上!人間よりくまモンに熱狂するファン心理のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ゆるキャラの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
2 衆院選極右候補者「ウヨミシュラン」
3 安倍政権にNOを突きつける芸能人
4 安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
5 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
6 平野、ケラ…作家たちが安倍政権にNO
7 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
8 中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
9 救う会元幹部が安倍の拉致利用に怒り
10 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
11 博士、町山が安倍と見城の癒着批判
12 安倍政権忖度でドキュメント番組が改変
13 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?
14 「不倫学」が教える防止策とは?
15 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
16 自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
17 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
18 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
19 安倍、森友加計問題の説明する気なし
20 室井佑月が前川前事務次官に加計問題を訊く
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
5高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
6田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
7中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
10加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
11安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
12原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
13中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
14小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
15長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
16ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
17安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
18安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
19昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
20博士、町山が安倍と見城の癒着批判

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」