『テルマエ・ロマエ』『ピンポン』に登場の神社が別の意味で聖地化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【おたぽる初出】(2014年5月)

 すっかり文化のひとつとして定着した、アニメやマンガの舞台となった土地を巡る"聖地巡礼"の旅。作品に出てくる場所を訪ねるだけではなく、都道府県ごとに分けて楽しんだり、鉄道に絞ったりと、そのバリエーションはじつにさまざま。しかし、要注目なのは"聖地巡礼×神社"のコラボレーションだ。ついには先日、『マンガ・アニメで人気の「聖地」をめぐる神社巡礼』(エクスナレッジ/岡本健)なる本まで登場。『らき☆すた』の聖地である鷲宮神社や、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』に出てくる秩父神社は、地域の活性化にも貢献する言わずと知れた聖地だが、ほかにも聖地となった神社はたくさんあるのだ。

 まずは、連載開始からの20周年記念プロジェクトとして、新作アニメの公開が決まったり、さまざまなグッズが発売されるなど、再び注目を集めている『美少女戦士セーラームーン』から。この作品では、火の戦士・セーラーマーズとして活躍する火野レイが、巫女として「火川神社」に住みながら、宮司である祖父の手伝いをしている。だから、作中でも彼女が巫女装束をまとい、鳥居の前を掃除するシーンや薪木を入れて火を焚き、そのなかに供物を投げ入れて祈る護摩焚きを行うシーンが見られるのだ。そんな火川神社の元になったのが、元麻布にある「氷川神社」。拝殿の外観や鳥居などはそっくりなので、そこから作品に思いを馳せることもできる。それに、氷川神社は全国に200社もあり、港区内だけでもこの元麻布のほかに白金、赤坂の2つがあるのだが、それぞれ祭神も異なっているので、その違いを見てまわるのも楽しいかもしれない。

 

 また、現在アニメが放送されている『ピンポン』は、かつて実写映画化もされた大人気の卓球マンガだが、ここでも神社は重要な場所として登場する。舞台となるのは、神奈川県にある片瀬諏訪神社と江島神社。なぜ、卓球マンガと神社が……? と思った人もいるかもしれないが、神社は子どもたちの遊び場としてもさまざまな作品で使われているのだ。『ピンポン』でも、主人公のペコこと星野裕とその幼馴染でスマイルと呼ばれている月本誠が、神社で会話するシーンは多い。小学生の頃は、いじめられていたスマイルのヒーローになるため、ペコが仮面をつけて奮闘、スマイルに卓球を勧めたのもこの場所だ。

 高校にあがると、卓球部顧問のやり方に反発したスマイルが、江島神社の黄金浄水の前で「勝つために誰かを引きずりおろしたり、したくないんだ」と自身の卓球観を語ることもあったし、ペコの特訓の場にもなった。神社は彼らの関係性や成長を見守るのにも欠かせない場所だが、片瀬諏訪神社に祀られているタケミナカタノカミの話を知ると、もっとおもしろい。『古事記』によると、タケミナカタノカミはアマテラスが派遣したタケミカヅチとの力比べに敗れて信濃国の諏訪の湖まで追いつめられ、そこで謝罪して出雲を譲り渡し、諏訪の地から出ないことを誓って許されたそう。こういった神社の背景も知って観ると、作品をまた違った見方ができるかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

神社巡礼 マンガ・アニメで人気の「聖地」をめぐる

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『テルマエ・ロマエ』『ピンポン』に登場の神社が別の意味で聖地化のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ヲタ寺社の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも