>  >  > 新婚・宇多田ヒカルは前途多難?

新婚・宇多田ヒカルは"イタリア大家族"の洗礼に耐えられるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hikaruu0530.jpg
宇多田ヒカル オフィシャルサイトより

【日刊サイゾー初出】(2014年5月)

 今月23日、イタリア人の23歳男性とイタリア南部の教会で結婚式を挙げた宇多田ヒカル。母・藤圭子の自殺から約9カ月、宇多田の悲しみを支えたであろうパートナーと幸せそうな姿を披露し、日本のファンは祝福ムードに沸いている。

 しかし、片やネット上では「離婚も早いのでは?」という気になる意見も。その理由は「宇多田が南イタリアの濃密な家族関係に耐えられるわけがない」というものだ。

 確かに宇多田も、夫の家族を「漫画に出てきそうな明るくにぎやかな大家族」と表現していたが、イタリアは家族の結びつきが強いといわれる国民性。前夫・紀里谷和明との離婚理由について「ひとりっ子の悪いクセみたいなのが爆発した」「彼の理想は(公私ともに)一体化することで、でも私はそうじゃなかった」と語っていた宇多田なだけに、ベタベタした家族は最も苦手そう。しかも、どうやらイタリアの家族関係のこってりさは、日本人が想像する以上のものであるらしい。その一例が、『テルマエ・ロマエ』で知られるマンガ家・ヤマザキマリのケースだ。

 現在はアメリカ在住のヤマザキだが、以前は夫の故郷であるイタリア北部で家族5人と同居。そのときの経験を「太陽の引力ぐらい強い力を持った人間たちの存在に、たちまち自分の中のエネルギーを吸い取られてしまうことになったのです」と、コミックエッセイ『モーレツ!イタリア家族』(講談社)で明らかにしている。

 ヤマザキの夫は典型的なイタリア人のイメージとはほど遠く、"むしろ英国風"のジェントルマンだというが、両親や祖父母、妹は個性が強すぎる"統一性のない家族"。中でも特に問題だったのが、姑の強烈な性格だ。

 いわく、姑は言いたいことをきっぱり言い、やりたいことはやりたい放題という"自由気ままなイタリア女"。そんな姑にとっては、ヤマザキの日本人らしい"奥ゆかしさ"が理解できない。たとえば、とある食事会に家族全員で呼ばれた際、用意されたご馳走を食べきれないと言えず無理して食し、帰宅途中にリバースしてしまったヤマザキに対し、姑は一言、「言いたいことを言わないなんて、カラダに悪いじゃないの!!」。さすがのヤマザキも黙っていられず、「一応受け入れようとするフトコロの広さを、イタリア人も見習ってもらいたいもんスよ!!」と日本人の美徳を説くのだが、「そんな甘えた理屈が通ると思ってるから、日本は外交がヘタクソなんじゃないか」と姑も追撃。さらには「あんたは何が出ても食べるってんだね!?」とたたみかけられ、意気揚々と「子羊の脳みそフライ」を食卓に上げられたという。

 しかし、そのフライは「タチウオの天ぷらのように美味」だったそうで、ケンカとしてはヤマザキが勝利したようだ。果たして、繊細な性格で知られる宇多田が、ヤマザキのように善戦できるか……心配ではある。

この記事に関する本・雑誌

First Love -15th Anniversary Edition-

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
2 安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
3 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
4 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
5 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
6 瀬戸内寂聴がさらに激烈安倍批判
7 能年玲奈に前事務所が「本名、使うな」
8 鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
9 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
10 小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
11 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
12 SHELLYがネトウヨに堂々反撃
13 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
14 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
15 自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
16 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 復帰の能年玲奈に事務所が妨害工作
19 天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
20 小林麻耶、乳がんの妹・麻央への思い
PR
PR
1天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
2石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
3生前の永六輔が自民改憲草案を痛烈批判
4安倍が膳場や池上にもらした改憲の本音
5それでも石田純一の勇気を讃えよ!
6参院選“改憲隠し”はテレビも同罪!
7米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
8鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
9日本会議会長が「軍隊つくる」、安倍も
10安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
11安倍の御用TVが早速「改憲は必要」
12小池百合子は“女性の味方”じゃない!
13 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
14「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
15小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
16自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
17大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
18小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
19自民が新聞・テレビに違法広告ゴリ押し
20選挙特番がボツにした日本会議のテープ
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」