新婚・宇多田ヒカルは"イタリア大家族"の洗礼に耐えられるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hikaruu0530.jpg
宇多田ヒカル オフィシャルサイトより

【日刊サイゾー初出】(2014年5月)

 今月23日、イタリア人の23歳男性とイタリア南部の教会で結婚式を挙げた宇多田ヒカル。母・藤圭子の自殺から約9カ月、宇多田の悲しみを支えたであろうパートナーと幸せそうな姿を披露し、日本のファンは祝福ムードに沸いている。

 しかし、片やネット上では「離婚も早いのでは?」という気になる意見も。その理由は「宇多田が南イタリアの濃密な家族関係に耐えられるわけがない」というものだ。

 確かに宇多田も、夫の家族を「漫画に出てきそうな明るくにぎやかな大家族」と表現していたが、イタリアは家族の結びつきが強いといわれる国民性。前夫・紀里谷和明との離婚理由について「ひとりっ子の悪いクセみたいなのが爆発した」「彼の理想は(公私ともに)一体化することで、でも私はそうじゃなかった」と語っていた宇多田なだけに、ベタベタした家族は最も苦手そう。しかも、どうやらイタリアの家族関係のこってりさは、日本人が想像する以上のものであるらしい。その一例が、『テルマエ・ロマエ』で知られるマンガ家・ヤマザキマリのケースだ。

 現在はアメリカ在住のヤマザキだが、以前は夫の故郷であるイタリア北部で家族5人と同居。そのときの経験を「太陽の引力ぐらい強い力を持った人間たちの存在に、たちまち自分の中のエネルギーを吸い取られてしまうことになったのです」と、コミックエッセイ『モーレツ!イタリア家族』(講談社)で明らかにしている。

 ヤマザキの夫は典型的なイタリア人のイメージとはほど遠く、"むしろ英国風"のジェントルマンだというが、両親や祖父母、妹は個性が強すぎる"統一性のない家族"。中でも特に問題だったのが、姑の強烈な性格だ。

 いわく、姑は言いたいことをきっぱり言い、やりたいことはやりたい放題という"自由気ままなイタリア女"。そんな姑にとっては、ヤマザキの日本人らしい"奥ゆかしさ"が理解できない。たとえば、とある食事会に家族全員で呼ばれた際、用意されたご馳走を食べきれないと言えず無理して食し、帰宅途中にリバースしてしまったヤマザキに対し、姑は一言、「言いたいことを言わないなんて、カラダに悪いじゃないの!!」。さすがのヤマザキも黙っていられず、「一応受け入れようとするフトコロの広さを、イタリア人も見習ってもらいたいもんスよ!!」と日本人の美徳を説くのだが、「そんな甘えた理屈が通ると思ってるから、日本は外交がヘタクソなんじゃないか」と姑も追撃。さらには「あんたは何が出ても食べるってんだね!?」とたたみかけられ、意気揚々と「子羊の脳みそフライ」を食卓に上げられたという。

 しかし、そのフライは「タチウオの天ぷらのように美味」だったそうで、ケンカとしてはヤマザキが勝利したようだ。果たして、繊細な性格で知られる宇多田が、ヤマザキのように善戦できるか……心配ではある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

First Love -15th Anniversary Edition-

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

新婚・宇多田ヒカルは"イタリア大家族"の洗礼に耐えられるか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。イタリア宇多田ヒカル離婚の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画