大泉洋、子煩悩アピールは「あのスキャンダル」もみ消しのため?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【サイゾーウーマン初出】(2014年5月)

 劇団ひとりの初監督作品『青天の霹靂』で主演を務める大泉洋。映画のPRのためテレビやラジオに出ずっぱりの状態だが、私生活でも超多忙を極めているようだ。

 大泉が意外なプライベートを明かしているのは、現在発売中の女性ファッション誌「LEE」(集英社)6月号でのこと。モデル・浜島直子との対談で、「テレビを見る時間がなくて、今、見てるのは『おかあさんといっしょ』ぐらいですよ」と言い、「今、僕がいちばん会いたいのは、『おかあさんといっしょ』のだいすけおにいさんと、たくみおねえさんだもんな(笑)」と語っている。

 大泉といえば、2010年にフジテレビのドラマプロデューサーである中島久美子氏と結婚。翌年に長女が誕生しており、現在は2歳児のパパ。「僕にしてみたら、レギュラー番組が1本、増えたようなもんなんですよ」と話すほど、撮影の合間に子どもとの時間をやりくりする慌ただしい日々を送っているらしい。確かに、2歳の女の子となればかわいい盛り。大泉もかなりデレデレの様子で、「僕自身が誰より娘と遊びたいから、自分の時間は減ってくわけです」「地方で撮影しているときはネット通話でしゃべるのが僕の唯一の楽しみ」「昨日も、新玉ねぎとベーコンで、ナポリタン的なスパゲティを作ってあげました」と、その子煩悩ぶりを披露。「僕は、早く孫が見たいんですよ」と気が早すぎる発言まで飛び出すほどだ。

 一方で、妻への感謝も忘れない。「男親は、一緒にいる時間が甘やかすばかりだけど、女親は毎日のことだから、厳しくしなきゃいけないこともあるし、ホント大変だと思いますよ」とフォローし、「全国のママたち、えらいなぁと思いますよ」と苦労をねぎらっている。

 しかし、結婚前には、4年間交際していたファンの女性に"都合よく遊ばれた"として、その関係を写真週刊誌「FLASH」(光文社)で暴露されたことも。この記事には、「鏡の前でのセックスを要求された」などという赤裸々な告発もされており、意外にも熱狂的な女性ファンを多く抱える大泉にとっては大打撃だったようで、当時を知る芸能関係者は「大泉本人も所属事務所も、このスキャンダルにかなりナーバスになっていた」と話す。

「最近ではテレビでも子どもへの溺愛ぶりをアピールしていますが、これもイメージ戦略の1つなのかもしれません」(芸能関係者)

 俳優としては安定した人気を誇っている大泉。今後は"やさしいパパ"路線での活躍も増えていくのだろうか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

連続ドラマW 地の塩 Blu-ray BOX

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

大泉洋、子煩悩アピールは「あのスキャンダル」もみ消しのため?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アミューズ大泉洋の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画