人気女優が「週刊実話」訴訟 背後にホリプロ社長の強硬路線?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
クイック・ジャパン 110』太田出版より

【ビジネスジャーナル初出】(2014年4月)

 前田敦子、綾瀬はるか、石原さとみ、深田恭子、優香、藤原紀香、篠原涼子、国生さゆりという、そうそうたる顔ぶれの女優8人が「週刊実話」(日本ジャーナル出版)を相手取り、集団訴訟を起こしたことが話題を呼んでいる。

 といっても、「週刊実話」が何か彼女たちの重大なスキャンダルを暴露したということではない。問題になったのは、同誌(2013年11月21日号)に掲載された記事『勝手に品評!! 芸能界妄想オッパイグランプリ』。有名女優の胸部を妄想する"おふざけグラビア"記事がパブリシティ権侵害に当たるとして、8800万円の損害賠償を求めたのだ。

「これまでだと、芸能プロダクションも『ばかばかしい、相手にしていられるか』と抗議すらしなかったような記事なんですが、『実話』編集部も『まさかこんなもので訴えられるとは……』と驚いています」(「週刊実話」関係者)

 確かに、この種の妄想記事としては「週刊実話」や「アサヒ芸能」(徳間書店)、「週刊大衆」(双葉社)など実話週刊誌の伝統芸といえるもので、ここ1年くらいの誌面を見ても『人気芸能美女「絶対名器」ベスト20』(週刊大衆)、『美女アナ20人「おっぱい四季報」』(アサヒ芸能)、『美人アスリート名器診断』(週刊実話)など、似たような下世話なタイトルが頻繁に誌面を飾っている。

「訴訟理由が『アーティストの写真に人格を傷つけるような加工を施した』というものだったため、一部で悪質なアイコラ【編註:アイドルコラージュ/合成画像】を掲載したかのような報道がありましたが、実際はそれぞれの写真の胸のところに、乳房のイラストを貼り付けたパロディ企画。かなり下品だし、厳密には違法の可能性もありますが、まともに取り合うほどのものでもない」(出版関係者)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

クイック・ジャパン 110

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気女優が「週刊実話」訴訟 背後にホリプロ社長の強硬路線?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニングホリプロ訴訟週刊実話の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!