日本の英語教育はなぜ英会話のできない大人を大量生産するのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「Thinkstock」より

【ビジネスジャーナル初出】(2014年4月)

 国際的に活躍できるグローバル人材の育成のために、英語教育の充実を──と、今や小学校にまで及んでいる英語教育必修化の動きだが、実は、2002年まで「英語」という中学校の教科は必修教科ではなく、必要に応じて履修すればよい選択科目だったことをご存じだろうか。

「なんで英語やるの?」の戦後史 "国民教育"としての英語、その伝統の成立過程』(寺沢拓敬/研究社)によれば、02年の改訂学習指導要領の施行により、中学校で必修科目に格上げされるまでは英語は選択科目であり、履修は自由だったというのだ。

「(戦後初期は)『社会の要求』に普遍的に応えられるものだけが必修科目であるべきで、英語の必要性には地域などにより多様性があるので、必修科目にはふさわしくない、と規定された。また戦後初期に限って言えば、(略)すでに中1段階では多くの生徒が英語を学んでいたが、中学校時代に一切英語を学ばずに卒業する生徒も少数派ながら存在していた」(同書より)

 教育の現場において、なかでも多くの公立の中学校で英語科目が取り入れられたのは1955年以降、英語を高等学校の入試科目に加える都道府県が増えたからだ。このために、高校進学と英語履修の結びつきが増し、なし崩し的に事実上の必修科目化が進んできた。

■余剰人員となった英語教員

 さらに、1947~49年に誕生した"べビーブーマー"(団塊の世代)の中学入学・卒業の影響がより大きいのだという。

「べビーブーマー入学・卒業という1960年代前半に中学校が経験した人口動態的変化が、英語履修率の拡大に影響を与えた可能性が高い(略)。ベビーブーマー就学による生徒数増加への対応として英語教員を大量に採用したことが、その後、生徒数が減少した後、英語教員の人的余裕を生み出し、英語授業の新規開講を可能にしたのである。

 戦後初期においては、英語の授業を開講したくても、人材不足のため満足に開講できず、したがって履修率は100%には至らなかったが、ベビーブーマー卒業後、英語教員の人的リソース面の条件が劇的に改善されると、英語授業の開講が促進され、『事実上の必修化』が現出したと考えられる」(同書より)

 つまり、生徒数の増加に合わせて、大量に採用した英語教員のために、英語の必修化が進んだというわけだ。02年に「国際化の進展に対応する」(中学校学習指導要領/1998年12月解説──外国語編)として必修化されるまでは、英語は高校受験のための科目として重要視されていたにすぎない。

 このため、もし「なんで英語やるの?」という学生からの素朴な質問があれば、「受験科目だから」「英語の教師がいるから」としか答えようがない状態が続いていたわけだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「なんで英語やるの?」の戦後史 《国民教育》としての英語、その伝統の成立過程

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

日本の英語教育はなぜ英会話のできない大人を大量生産するのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。英語の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
2 博士、町山が安倍と見城の癒着批判
3 安倍政権忖度でドキュメント番組が改変
4 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?
5 自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
6 沖縄問題を扱ったマンガ作品が話題に
7 長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
8 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
9 見城徹の安倍ヨイショが醜悪すぎる
10 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
11 安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
12 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
13 水道橋博士が安倍首相批判で大炎上!
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 自民党がネトサポに他党叩きを指南
16 原発事故前に安倍が地震対策拒否
17 安倍の地元で反安保講演に聴衆が殺到
18 安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
19 小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
20 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
5高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
6田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
7見苦しい!安倍首相が無告知ゲリラ街宣
8安倍首相が街頭演説からトンズラ
9 自民党がネトサポに他党叩きを指南
10山本太郎「リベラルをひとりも減らすな」
11加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
12安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
13原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
14自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
15中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
16小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
17長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
18ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
19昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
20大手メディア衆院選情勢調査の結果は

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」