『進撃の巨人』に隠された知られざる真実とは? 読み解かれる数々の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1404_shingeki_cosmic.jpg
「進撃の巨人」驚愕の真実』(コスミック出版)。

【おたぽる初出】(2014年4月)

 三浦春馬が主役で、実写映画化されることが決まった『進撃の巨人』(講談社)。4月9日に発売された最新刊も1週間で100万部を越えるなど、アニメが終了してからもその人気や勢いが衰えない。多くの謎や伏線が散りばめられていることも、人々を惹きつける一因になっているのだが、その謎に対する考察本『「進撃の巨人」驚愕の真実』(コスミック出版)が4月9日に発売された。そこで、ここから進撃の巨人に登場する壁やキャラクターの謎について紹介してみよう。

 『進撃の巨人』の舞台となる世界では、1番内側に王室やその関係者などが暮らすウォール・シーナ、その外側にウォール・ローゼ、さらにその外側にウォール・マリアという名前の壁があって、一般市民はこの2番目、3番目の壁の内側で生活していた。そしてこの壁は、巨人から逃れて安全を手に入れるために作られたと思われていたのだが、どうやらそうではないらしいのだ。

 ウォール・ローゼ内に住む坑夫がウォール・シーナの地面を掘って地下から壁を越えようとする話があるのだが、地下にも岩盤があり、絶対に越えられないようになっていた。でも、壁の中に暮らす人類は「地面の下まで壁で覆われていることを知らない」し、その坑夫は行方不明になり、空を飛ぼうとした夫婦が壁の防衛を担う三兵団のひとつ、中央憲兵のサネスという兵士に殺されたりもしている。つまり、人類が壁を越えようとすると、王政府に殺されてしまう。壁を越えられないのは、「巨人ではなく人類」だということがわかるのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

進撃の巨人驚愕の真実 巨人、壁、王政府、地下室、記憶、人類の敵……すべての謎の真相に迫る!

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『進撃の巨人』に隠された知られざる真実とは? 読み解かれる数々の謎のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。秘密進撃の巨人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画