冤罪の裏側! 元エリート裁判官が告発する裁判所の腐敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ZETUBOUNO.jpg
画像は『絶望の裁判所』(瀬木比呂志/講談社現代新書)より

【トカナ初出】(2014年4月)

 司法の危機が叫ばれて久しい。

 1966年の殺人・放火事件で死刑判決を受けていた、元プロボクサーの袴田巌さんの再審開始決定が下されたのは記憶に新しいが、そのほかにも、2010年には郵政悪用事件で証拠の改竄を行った大阪地検特捜部検事の逮捕、足利事件や東電OL殺人事件では冤罪を見逃し、再審を妨害するようなことさえあった。

 検察への信頼はほとんど崩壊状態だ。だがそれでも、「裁判所」への信頼だけは持っている人は少なくないだろう。「正義の砦」「最後には真実を見抜いてくれる」そんなイメージや期待がある。しかし「残念ながら、おそらく、日本の裁判所と裁判官の実態は、そのようなものではない」。なんと、当の裁判官がこう言い切っているのである。

■31年間裁判官だった著者が暴いた、衝撃の実態!

 31年間裁判官を務めた瀬木比呂志が『絶望の裁判所』(講談社現代新書)で、裁判所と裁判官の腐敗ぶりを告発しているのだが、同書によると、その実態は想像する以上に絶望的だ。

 例えば、痴漢冤罪に遭遇してしまったとしても、裁判所が無罪判決を下す可能性は低いという。なぜなら「刑事系裁判官の判断の秤は、最初から検察官のほうに大きく傾いている」からだという。多くの人間が抱くイメージとは違い、裁判所は正義を実現するところでは決してない。それどころか、「大局的にみれば、『国民、市民支配のための道具、装置』」というのだ。

「日本の刑事司法システムで有罪無罪の別を実質的に決めているのが実際にはまず検察官」だから、無実の罪を着せられても、一旦起訴されてしまえば有罪率は99.9%! 私たちが必死に"真実"を訴えても「検察が正しい」と言えば裁判所はそれを信じるだけだ。しかも容疑を否認すれば「反省していない」と情状さえもらえない。

 罪を犯していないのに自供してしまうことは決して珍しいことではない。そんな状況下で「裁判なら真実を明らかにしてくれる」と期待しても土台無理、ということだ。

 一体なぜこんなことになるのか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

絶望の裁判所 (講談社現代新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

冤罪の裏側! 元エリート裁判官が告発する裁判所の腐敗のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。冤罪検察の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
2 安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
3 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
4 ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
5 小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
6 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
7 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
8 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
9 櫻井翔『先に生まれた〜』は維新礼賛?
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
12 民主解党論の裏にジャパンハンドラー
13 田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
14 安倍の地元で反安保講演に聴衆が殺到
15 大手メディア衆院選情勢調査の結果は
16 高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
17 昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
18 エイベックス不祥事頻発の背景は?
19 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
20 LDH新企業ロゴが炎上!HIROも迷走
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4原発ゼロは嘘!小池百合子が再稼働容認
5安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
6高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
7田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
8見苦しい!安倍首相が無告知ゲリラ街宣
9安倍首相が街頭演説からトンズラ
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11山本太郎「リベラルをひとりも減らすな」
12原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
13加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
14希望の党候補に性的関係強要の過去!
15自民党の政権公約の詐欺っぷりがひどい
16小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
17希望の党が候補者に党への上納金500万円
18ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
19昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
20大手メディア衆院選情勢調査の結果は

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」