中国の猛毒ビジネスが日本企業を食い物に! 中国人女性が暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
0629_sinkanjp.jpg
※画像:『猛毒中国ビジネス 中国人OLは見た!』著:張 益羽/刊:講談社

【ビジネスジャーナル初出】(2014年3月)

 ビジネスの決め手はコネとワイロ――これまで中国でのビジネス現場で囁かれてきた暗黙のルールだが、これを裏付け、日本企業を食い物にしている現実を明かすのは、『猛毒中国ビジネス 中国人OLは見た!』(張 益羽/講談社)だ。

 同書は、日本の某中堅広告代理店で上海万博プロジェクトの最前線に立った中国人女性(著者)が遭遇したショッキングな体験を綴ったもので、日本企業の中国進出の30年は、ただ中国人に「喰われる」ばかりだったのではないか、という。

 彼女の体験を基に、中国でのビジネスを見ると、「灰色収入」という名のワイロやキックバックの金額で決まる入札など、アンフェアな光景が広がっていた……。

●コンペを繰り返した揚げ句、アイデア盗用

 まずは、プロジェクトのコンペの段階では無限コンペ地獄が待っている。世界中の広告代理店が優秀なチームを編成し、クリエイティブな企画案を提案したコンペだが、プレゼンの回数が多すぎる。

「プレゼンも無事終了。結果の連絡を待っていたら、2週間後、『2次プレゼンを行います。企画案をブラッシュアップし、また来てください』という知らせをもらいました。

 1週間後ほぼ徹夜状態で、要求に従って企画書を再度つくり直し、上海に飛びました。(略)2次プレゼンでは、1次プレゼンの審査員とはまったく違うメンバーが出てきて、プレゼンを聞いていました。さすがにこれで決定するだろうと思っていましたが、10日後、意外にも3次プレゼンの知らせが届きました」

 プレゼン費用と出張費はすべて持ち出しで経費が膨らみ、さらに3次プレゼンに参加すると、中国側から「案の方向性を修正してほしいのでもう少し上海に滞在してください」との依頼で、滞在を延長することになった。

 すると、今度は軟禁生活が待っていた。

「朝8時半から会議室で待機です。しかし、会議の開始時刻も終了時刻も知らされません。中心人物であるトップは、そのスケジュールが流動的らしく、いつも急に会議室に入ってきて、会議をスタートします。(略)21時くらいにやっと解放されますが、ホテルに戻ってからは修正作業です。そして夜中でも電話がかかってきます。『今、トップから新しい構想が出たので、すぐ会いたい』と言われると、何時であってもすぐ行かなければなりません」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

中国人OLは見た!猛毒中国ビジネス

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

中国の猛毒ビジネスが日本企業を食い物に! 中国人女性が暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。外国企業広告代理店の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
2 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
5 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 財務次官セクハラが海外メディアでも
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
13 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
19 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
20 上念司もケントと同様、加計の客員教授
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
9 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
20 財務次官セクハラが海外メディアでも