人気キャリア、ケータイクーポンの罠! カモにならない経済学思考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「Thinkstock」より

【ビジネスジャーナル初出】(2014年3月)

 かつて、割安でお得だった「お徳用サイズ」は、今や必ずしもお得ではなくなっているらしい。

 ケチャップマヨネーズなどで、いくつかのサイズが販売されている場合、大きなサイズは「お徳用サイズ」と呼ばれ、100グラム当たりの単価で見ると割安だった。

 これは、1個当たりの生産にかかる平均コストは生産規模(量)が大きくなるほど安くなるという性質(「規模の生産性」)があるためだ。つまり、同じものを大量につくるほど平均コストと価格は押し下げられ、お徳用サイズは割安な状態を維持できるという仕組みだ。

 ところが近年、昔と比べて世帯当たりの平均人数が減り、外食回数が増え、調味料が多様化するなどして、ケチャップやマヨネーズは大きなサイズが売れなくなった。このため、生産量が減少して平均コストが上がり「お徳用サイズ」の価格は相対的に割高になった。これまでの常識にとらわれていると、割安な商品を買っているつもりでも、時代の変化などによって割高な買い物をしているかもしれない。

■売る側の本音は経済学思考で見抜ける

 実は、商店、企業といった売る側のほとんどは、こうした本音を隠しているが、『スマホは人気で買うな! 経済学思考トレーニング』(吉本佳生/日経プレミアシリーズ)は、その本音は経済学思考で知ることができるという。本書の著者である吉本氏は、ベストセラー『スタバではグランデを買え!』(ダイヤモンド社)を執筆した銀行出身の人気エコノミストだ。

「おカネで示される表面的な価格だけでなく、買い物にかかるいろいろな手間や心理面なども考えに入れた、もっと広い意味での価格を見てこそ、裏側の本音や仕組みがわかる」のだと本書は言う。

 例えば、最近流行している携帯電話向けクーポン(ケータイクーポン)は、登録した客の携帯電話に電子クーポンを送り、購入へと誘導する仕組みだが、これは価格差別を狙ったものだ。価格差別とは、モノやサービスを売る側が「高くても買う客には高く売り、安くないと買わない客には安く売り、より多くの利益を得ようと狙うこと」。客側は高い商品は買わないように思えるが、価格変化に敏感かどうかは、それぞれの客によって異なる。

「○月○日までに、このクーポンを提示いただいた場合、100円値引きします」などと書かれた有効期限付きのクーポンを受け取った場合、安くないと買わないタイプの人は実際に有効期限までにこのクーポンを使う。すると、価格変化に敏感な客だということが売る側に伝わり、今後は比較的安い価格を提示するようになる。

 一方で、この有効期限内に使用しなかった客は価格変化に対し鈍感であり、今後は比較的高い価格を提示するようになるのだ。

 それぞれの客にバラバラの価格を提示できるケータイクーポンは「完全な価格差別」を狙うことができ、「ケータイクーポンを充実させている企業の中には、完全な価格差別に近いやり方を本気で狙っているところがある」という。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

スマホは人気で買うな! (日経プレミアシリーズ)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気キャリア、ケータイクーポンの罠! カモにならない経済学思考のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スマホ携帯の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
2 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
5 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 財務次官セクハラが海外メディアでも
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
13 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
19 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
20 上念司もケントと同様、加計の客員教授
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
9 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
20 財務次官セクハラが海外メディアでも