増加する精神疾患の一方で…カウンセリング治療の危うい現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
serapisuto.jpg
セラピスト』最相葉月/新潮社

【トカナ初出】(2014年3月)

 1999年に約204万人だった精神疾患の患者数は、2011年には約320万人と、100万人以上増加(厚生労働省・2011年推計)し、カウンセリングが大ブームとなっている。「犯罪、事故、災害」が起きれば、学者やカウンセラーがテレビや新聞、雑誌に登場し、「心のケア」「心の復興」の大合唱となるが、心のケアの現実はきわめて危うい。

 待合室にずらりと並ぶ患者。メンタルクリニックの医師は患者の顔をちらりと見て、2、3の簡単な質問をし、すぐにパソコン画面に目を移す。眠れないなら睡眠導入剤、過呼吸なら精神安定剤…と、症状に応じた薬がその都度処方される、典型的な「3分診療」だ。患者(クライエント)も病院の混在を理解し、「薬を処方されればそれでいい」と割り切ってその場を去る。そして、理想の医師(セラピスト)を求める長い旅を続けることになるのだ。

 こうした現状に疑問を投げかけているのが、『セラピスト』(最相葉月/新潮社)だ。大ヒットした、ノンフィクション作品『絶対音感』『星新一』の著者である最相葉月氏が、密室で行われ、守秘義務があり、外からうかがい知れない世界である心の治療の在り方に迫っている。

■『セラピスト』が問いかけるもの 

 そもそも、心の治療には大きく分けて「精神療法」と「心理療法」がある。

 「精神療法」は、精神科の医師の治療計画のもと、医療行為として行われる心理的援助のことで、医療保険の対象になっているものもある。ただし、現在は1980年にアメリカ精神医学会で発表された診断基準(DSM)が事実上のスタンダードになっており、「どんな気分の落ち込みやふさぎこんだ状態も『うつ』と診断されてしまい」、「うつ病を含む気分障害の定義が広がったことから、入院が必要ではない比較的軽度な患者数が増加」するという問題が出てきている。

 一方で、精神科医が治療の対象としない心の不調、たとえば、人間関係の悩みや不登校などを扱う、心理学を土台とした心理的援助を「心理療法」と呼ぶのだが、この心理療法について、葉月氏は懐疑的な意見を述べている。

私はカウンセリングに対してうさんくささを感じていた。まず値段がばらばらである。相場はあってないようなもので、50分あたり5千円くらいから、高い場合は1,2万円を支払う」「カウンセリングを行う人を意味する『カウンセラー』という言葉はそれ以上にあいまいである。臨床心理士、心理療法士、精神分析家、産業カウンセラー、認定心理士、認定カウンセラー、認定臨床心理カウンセラー……と呼称はさまざまあり、中には怪しげな肩書きを自称する人もいる。(略)心理職には国家資格がないからやむをえないとはいえ、こうも呼称や資格が乱立していては、治療を必要とする人を混乱させるばかりである」(『セラピスト』より)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

増加する精神疾患の一方で…カウンセリング治療の危うい現実のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。カウンセリングの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
2 トランプ差別発言に有本香と玉川徹が
3 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
4 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
5 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
6 トランプ的どっちもどっち論横行の日本
7 綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
8 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
9 欅坂46平手欠席の背景にブラック労働
10 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
11 吉永小百合が「9条は変えさせない」
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 幹部から新人までほとんどが商売右翼
14 ローラが所属プロと奴隷契約トラブルも
15 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
16 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
17 水木しげるが描いた慰安婦「地獄だ」
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 灘中校長が語る自民党とネトウヨの圧力
20 炎上、欅坂46の歌詞の最大の問題点
1吉川晃司が安倍の核禁止条約拒否を批判
2ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
3 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
4菅官房長官が壊れ始めた!トンデモ会見
5加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
6久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
7テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
8高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
9綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
10市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
11長崎のメッセージも安倍には届かず!
12安倍応援団が発狂状態でメディア攻撃
13グアム北ミサイルは存立危機事態でない
14安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
15獣医学の重鎮が加計と安倍首相を一刀両断
16仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
17手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
18閉会中審査、小野寺防衛相も隠蔽体質
19極右丸出し”日本ファースト”は小池命名
20幹部から新人までほとんどが商売右翼
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」