朝ドラ史上初か?『ごちそうさん』に腐女子が登場して話題騒然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
an_140624_b.jpg
連続テレビ小説 ごちそうさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)NHK出版 

【おたぽる初出】(2014年3月)

 ついに最終回を迎える NHKの朝ドラ『ごちそうさん』。社会現象にもなった『あまちゃん』の後ということで当初は不安視もされたが、ここ10年間の朝ドラで最高視聴率を叩き出した。『あまちゃん』とは対照的なオーソドックスさが受けたのではとも言われているが、実はこの作品、なんとおそらくは朝ドラ史上初であろう"腐女子"が登場したことで話題にもなっていたのだ。

 それが、杏演じる主人公・め以子の娘であるふ久。彼女は、自分の弟で、野球部に所属している泰介と、その先輩で、のちに自分の夫となる諸岡の友情を妄想。ネットでも「ふ久のふは腐女子の腐」「朝ドラでBLごちそうさんです」と大盛り上がりで、『あまちゃん』とはまた違った視聴者層をゲットしたよう。そんなふ久の腐女子っぷりとは、どんなものなのだろう。

 まず、ふ久はめ以子・悠太郎夫妻の長女で、"見えない力"に興味を持ち、物理に夢中になっている女の子。そんな彼女のもう1つの趣味でもある"腐"の部分が初めて表に出たのは、2月3日に放送された第103話。ふ久たちの家に来て、裏庭で手を洗う諸岡に泰介が手拭いを渡したところ、諸岡は「お前またひどなってないか? 手」と言って泰介の手首を握る。そしてふ久は、本を読むふりをしながらその様子をこっそりうかがっているのだ。それに、2人が部屋で談笑しているときも部屋を覗きに行くし、食事中も顔を見合わせて笑い合う泰介と諸岡の様子をチラチラうかがう。

 さらに極めつけは、2人がキャッチボールをしているシーン。キャッチャーである泰介の手を心配して諸岡が駆け寄り、手を取って会話する2人に「嫌なんです。先輩の球をほかの誰かが受けるなんて」「最後の甲子園やないですか。先輩の剛速球を最後までこの手で感じていたいんです」と勝手にアテレコして、微笑むのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ごちそうさん(part1)

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

朝ドラ史上初か?『ごちそうさん』に腐女子が登場して話題騒然のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHK朝ドラ腐女子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした