『よつばと!』にドハマり、クールなはずの真木よう子の"マンガ愛"がすごい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1403_honnin.jpg
「hon-nin」Vol.7(太田出版)より

【おたぽる初出】(2014年3月)

 先日授賞式が行われた第37回日本アカデミー大賞で、最優秀主演女優賞と最優秀助演女優賞のW受賞となった真木よう子。この2つを同時に受賞した女優は1979年の大竹しのぶ以来で、史上2人目の快挙。肉体派女優という枠組みに留まらない表現力で、今後の活躍が約束された格好だ。そんな真木の演技力を支えているのは、じつはマンガ。クールな印象からは想像がつかないほど、真木は熱狂的なマンガ好きなのだ。

 真木がマンガを読むようになったのは、男兄弟の中で育った環境が大きい。「hon-nin」Vol.7(太田出版)での吉田豪によるインタビューでは、「お兄ちゃんが買ってくるヤンキーのマンガがいっぱいあって。みんなでよくモノマネとかしてましたね、『ろくでなしブルース』の。あのヤンキーの口調が、とにかく憧れだったんですよ」と語り、それが演技の原点かと訊かれると「あ、そうかもしれない(あっさりと)」と答えている。

 そして、真木のマンガ愛が炸裂しているのが、「+act.」(ワニブックス)で行われているマンガ家との対談連載だ。

 たとえば、2011年5月号での『あずまんが大王』『よつばと!』(アスキー・メディアワークス[KADOKAWA])の著者・あずまきよひことの対談。当時、『よつばと!』にドハマりしていた真木は、取材が始まる前から目を輝かせ、あずまを質問攻めするほどだったそう。それでも、ここで媚びを売らないのが真木流。「正直、絵が私とか女性には近寄り難いんですよね。萌え系というか。ごめんなさい失礼なこと言ってますけど」と本音をズバリ。しかし、日常系マンガである『よつばと!』の魅力について、違う角度からこのように感想を述べるのだ。

「私『よつばと!』を読んで、エロい女の人が…ってなんかすいません(笑)、でもそういう人がわりと好きなんだなって思ったんです。あさぎとか、凄いエロいじゃないですか(笑)。別にそういうシーンはないのに、エロさを感じるんです。よつばちゃんがなんでもない日常を楽しんで生きていく癒やしマンガでもあるんだけど、オプションみたいな感じで、チラッとエロさも感じられる」

 この分析には、あずまも「なかなか鋭いな~。男性目線ですね」と称賛。真木の演技に漂うエロティズムは、こうした感受する力から生まれているのかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

よつばと! 12 (電撃コミックス)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『よつばと!』にドハマり、クールなはずの真木よう子の"マンガ愛"がすごいのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。あずまきよひこヲタ日本アカデミー賞真木よう子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画