こんなオジサンなら抱かれてもいい!"萌える"オジサンの体とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1403_ojisan.jpg
オジサンの描き方』(廣済堂出版/編:スタジオ・ハードデラックス)

【おたぽる初出】(2014年3月)

 大ヒットの『おじさん図鑑』(小学館)をはじめ、アニメ『TIGER & BUNNY』の虎徹やマンガ家オノ・ナツメが描くオジサンキャラなど、2次元、3次元を問わず、女性を魅了するオジサンたち。しかし、そんなオジサンをかっこよく描こうとしても、40代、50代、60代の違いが描き分けられなくて、同じようなキャラしか描けない……。逆に、シワを描き入れてオジサンらしさを出そうとすると、かっこよくなくなってくる……。大好きなのに、なかなか理想的なオジサンが描けず頭を悩ませているという人も多いのでは?

 そこで、2月28日に発売された『オジサンの描き方』(廣済堂出版)から、年齢や体型による顔や体の変化や、ロマンスグレー、乙女ゲーム系といったジャンルごとの描き分け方を紹介してみよう。

 まず、オジサンを描く上で押さえておくべきポイントは、"顔"と"体"。オジサンの場合、加齢によって顔と体にシワができるが、本書によると「その人がどんな体型をしているかによってシワのでき方が異なってくる」というのだ。たとえば、標準体型をした40代のオジサンを描く場合は、目尻、目元、ほうれい線、口元のシワを意識しなければならないし、体も青年のようにスラっとした線ではなくなってくる。関節には年齢があらわれやすく、ヒザの周りは特にシワができやすい。胸の周りや脚の付け根にも目立ったシワができやすく、標準体型でもお腹は少し肉が乗っている感じにすると良いよう。背面も肩甲骨の下側や尾てい骨の上あたりがたるみ、おしりは垂れ下がった部分に何重ものシワができる。

 これが筋肉質な人になると、頬骨がより強調され、四角い感じの顔になるという。肌に張りがあるので、ほかの体型に比べると実年齢より若く見えるが、やはりヒザやお腹などにはシワとたるみができるようだ。ヤセ型だとアゴがさらに細くなり、こめかみの骨がよりでっぱる形になる。鎖骨周りにたるみジワができるのもヤセ型の特徴で、あばらや上腕などに骨のラインが出やすくなり、手などもカクカクした直線で骨っぽく描くといいそう。ポイントは「水分が抜け落ちた枯れ木のようなイメージ」を持つことなんだとか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

オジサンの描き方 (廣済堂マンガ工房)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

こんなオジサンなら抱かれてもいい!"萌える"オジサンの体とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中年腐女子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画