BLにハマる男子高校生たち 腐女子以外には理解不能か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1311_tanbi.jpg
少年よ耽美を描け』6巻(新書館)

【おたぽる初出】(2014年3月)

 男子高校生には、およそ馴染みのないであろう"BL"。しかし、もしも男子高校生がBLにハマってしまったなら、一体どうなってしまうのだろう?

 10月25日に6巻が発売された『少年よ耽美を描け』(新書館/作者:ミキマキ)は、彼女がBLにハマったせいでフラれたイケメン高校生の新葉が、そんな彼女を見返すためにBLマンガを描こうとして、BLの魅力にハマってしまう物語だ。さらに、一緒に勉強している幼馴染で生徒会長の嶺良を始めとした友達も、BLの世界に巻き込まれてしまう。彼らはBLマンガを描くことを目標に日々さまざまなことを勉強しているのだが、男子高校生から見たBLとは、どんなものなのだろうか。

 はじめは、BLの意味すらわからなかった新葉と嶺良。嶺良は「Beauty&Lucky(美と幸運)」、新葉に至っては「Banana Labyrinth(バナナの迷宮)」だと思っていたほど。しかし、実際のBLは"男同士の恋愛もの"で、一番最初にBLマンガを読んだときは「こ…こいつら本当にタマついてんのか…」と青ざめていた。しかし、"攻め"の「ここ…すごく甘くておいしい…」というセリフを見て、新葉は「オレはどーせケツから甘い匂いを発することができない凡人だよ!」とフラレた理由を勝手に分析。BLマンガに登場する男の子たちはやたらかわいいともてはやされるけど、自分がこうなるのは不可能だから、自分もBLマンガを描くという結論に至るのだ。

 しかし「BLにはファンタジー要素もある」と言われ、男子がツチノコやネッシーに恋焦がれるという全然BLじゃない話を描いてしまうなど、BLにおけるファンタジーを理解できない。描き始めたばかりの頃は、腐女子の妄想の定番である「鉛筆×鉛筆削り」のカップリングにも激しく動揺していた。が、次第に「銀河×ブラックホール」の掛け合わせを考えたり、「コロコロ×床に落ちてる恥ずかしい毛」の擬人化BLを描けるようになっていく。

 ついには、もっともBLっぽいコスプレを考えた際に、新葉はカブトムシが止まっている木のコスプレをしてくるまでになる。ただなされるがままの木こそ、最強の"受け"だという結論にたどり着くのだ。それに、普段バスケをしているときでも「ゴールは究極の淫乱受と思え!!」とか言い出すし、化学式を見たら「ああ酸素の誘い受なのかな」などと想像してしまうほどに成長。昔話をモチーフにしたBL絵本を描くときには帯まで考えるのだが、『桃太郎』には「ご主人様のお腰につけたもの…くださいな(はぁと)」。『アリとキリギリス』に「―下半身だけは働き者なんだな。」……などと書いたりする。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

少年よ耽美を描け (6) (ウィングス・コミックス・デラックス)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

BLにハマる男子高校生たち 腐女子以外には理解不能か?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。学生腐女子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 美智子皇后がトランプとの面会に難色
2 安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
3 マツコがLGBT発言を封印した理由
4 レコ大責任者がバーニング周防社長を告発
5 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
6 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
7 安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
8 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
9 たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
10 欅坂・平手が「今年はひどいことばかり」
11 安室奈美恵ベスト盤にも奴隷契約の影が
12 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
13 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
14 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
15 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
16 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
17 稲垣、草なぎ、香取と日本財団の関係
18 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
19 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
20 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
1安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
2国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
5義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
6萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
7安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
8安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
9欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
10 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
11鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
12内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
13マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
14安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
17美智子皇后がトランプとの面会に難色
18「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
19日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
20JASRACが坂本龍一を騙しうち!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」