『明日ママ』以上!? 芦田愛菜初主演映画にも過激すぎる場面が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mana_yasai129.jpg

【日刊サイゾー初出】(2014年1月)

 芦田愛菜主演ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)騒動が収まる気配がない。日本で唯一「赤ちゃんポスト」を設置する熊本の慈恵病院や全国児童養護施設協議会の抗議に、日テレは放送を予定通り継続するとの姿勢を崩さないが、スポンサー全8社がCMの放映を見合わせるという異例の事態となっている。

 芦田演じる主人公は「赤ちゃんポスト」に置かれていたことから「ポスト」というあだ名で呼ばれ、施設の職員からは子どもたちはペット扱い。鉄拳制裁を加えられたり、里親候補に気に入られるために泣く練習を強要されたり……といった過激なシーンの数々。こうした過激な設定の背景には、芦田の子役離れした演技力を際立たせ、新境地を見せたいという制作側の狙いもあったことだろう。その天才的な演技力ゆえ、「愛菜ちゃんが、こんな難しい役を……」「愛菜ちゃんが、こんなハードなシーンを……」と狙いたくなるのは、日テレに限ったことではない。

 実は、今年公開予定の芦田初主演映画には、この『明日ママ』以上のショッキングなシーンがあるのだという。西加奈子原作『円卓』を映画化したものだが、芦田が演じるのは、大阪の団地暮らしの小学3年生「こっこ」。口が悪くて、ちょっと生意気で、元気な大阪弁の女の子だ。三つ子の姉と両親、祖父母と暮らしている。円卓で食事をするにぎやかな家庭を舞台に、家族や同級生、在日韓国人やベトナム人との交わりなどユーモアを交えて描いた、少女の成長物語である。設定だけ見ると『明日ママ』とは違い、明るい芦田を安心して見られそうな、ほのぼのとした作品に思えるのだが……。

 なんとこの原作には、主人公の少女がロリコン変質者にSMまがいの行為を強要されるという、ショッキングな展開が登場するのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『明日ママ』以上!? 芦田愛菜初主演映画にも過激すぎる場面が!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。芦田愛菜の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
2 ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
3 欅坂平手負傷で武道館中止にメンバーが
4 安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
5 吉永小百合、声をあげることへの覚悟
6 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
7 小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
8 孤立?ももクロ有安を精神分析
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 松本人志が黒塗り問題で逃げと責任転嫁
11 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
12 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
13 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
14 ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
15 異常!安倍が慰安婦問題を理由に五輪欠席
16 「SAPIO」反日バッシングの異常
17 社内メールの語尾に“ござる”で解雇!
18 ウーマンが『THE MANZAI』で怒涛の政治ネタ
19 西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
20 X JAPAN、TAIJIの死の謎
1国有地疑惑の日本航空学園“極右教育”
2NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
3吉永小百合、声をあげることへの覚悟
4安倍と会食した三橋貴明がDVで逮捕!
5ビートたけしも安倍の接待番組
6安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
7安倍がネットでヘイト女性と意気投合
8西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
9加計学園に国民の血税投入の新疑惑!
10安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
11「SAPIO」反日バッシングの異常
12安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
13日立原発支援政策は“お友だち優遇”
14『相棒』が安倍官邸の謀略体質を批判
15ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
16安倍自民が名護市長選で卑劣な札束攻撃
17ダウンタウン『笑ってはいけない』黒塗り擁護の嘘
18安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
19異常!安倍が慰安婦問題を理由に五輪欠席
20小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」