どこを見てもおしり!? とんでもないおバカマンガが登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1312_keijyo.jpg
競女!!!!!!!!』第1巻(小学館/空詠大智)

【おたぽる初出】(2013年12月)

 今、あるマンガが「週刊少年サンデー」を賑わせている。『名探偵コナン』ではない。『マギ』でもない。『銀の匙Silver Spoon』や『神のみぞ知るセカイ』(すべて小学館)でもない。はっきり言わせてもらおう、それらの作品とは次元が違う! ステージが違う!! 世界が違う!!!

 今「週刊少年サンデー」を最も賑わせているマンガ、その名は『競女!!!!!!!!』。連載されるや否や、ネット住民の間でも「サンデーが本気を出してきた」「久しぶりに燃える作品が出てきたな……」「なんか新しい世界の扉を開いた気がする」などなど、大きな反響を呼んでいるこの作品。舞台は日本だが、作品の世界では、競馬・競輪・競艇に並ぶ人気のギャンブルとして「競女」という女性が行う競技が存在しており、国民を熱狂の渦に巻き込んでいるという設定だ。主人公の神無のぞみは体操でオリンピックを目指せるほどの逸材ではあるのだが、その道には進まず、競女の選手となることを決める。というのも、のぞみの家庭は、トイレの水トラブルもガムテープで修理し、日々を卵かけご飯で食いつないでいるほどの貧乏家庭なのだ。それゆえに、競女で勝利した選手に支払われる賞金で億万長者になることを夢見て、その道に進もうというのである。しかし、のぞみは知らなかった。競女という競技がどんなものかを。そしてその過酷さを……。

 競女……それは、熾烈なる世界……。そう、女性は水上に浮かぶ「ランド」と呼ばれる舞台の上で、落とすか落とされるかを争うのだ。主に尻と胸を使って! はい、ここまで真面目に読んでいただいた方には大変申し訳ない。そうなのだ、薄々感づいておられたかとは思うが、『競女!!!!!!!!』はいわゆる"おバカマンガ"に分類される作品なのである。「週刊少年サンデー」のほかの人気作・話題作とは次元が違うという理由がわかっていただけたことだろう。

 ランドの上で、複数の女性がくんずほぐれつし、最後のひとりになるまで落とし合うのだが、手足の使用は禁止されているため、胸を押しつけたり、尻をぶち当てたりして戦う様が展開される。その絵はもうなんというか、ほぼ尻相撲、いや多人数でやっているので「おしくらまんじゅう」と言ったほうがいいか……とにかくその様は、見ているだけで「なんだかんだ言っても、日本って平和だなぁ」と思えるほどに、ばかばかしさに満ちあふれている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

競女!!!!!!!! 3 (少年サンデーコミックス)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連キーワード

どこを見てもおしり!? とんでもないおバカマンガが登場!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。おバカ週刊少年サンデーの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
2 痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
3 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
4 東京五輪買収は決定的と海外で報道
5 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
6 不倫女性が告白する本音と日常とは?
7 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
10 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
11 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
12 市川沙耶と熱愛・野島アナに二股の過去
13 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
14 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
15 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
16 安室奈美恵事務所社長と暴力団
17 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
20 ジャニーズ事務所のSMAP消去作戦
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
4水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
5官製映画会社が22億円の公金をドブに
6 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
7Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
8卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
9 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
10財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
11東京五輪買収は決定的と海外で報道
12西村京太郎「日本に現代戦は無理」
13田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
14安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
15安倍御用・山口敬之の不起訴はおかしい
16安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
17NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
18原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
19沖縄に大量の核兵器が配備されていた
20再審却下の飯塚事件に冤罪の新証拠が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」