どこを見てもおしり!? とんでもないおバカマンガが登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1312_keijyo.jpg
競女!!!!!!!!』第1巻(小学館/空詠大智)

【おたぽる初出】(2013年12月)

 今、あるマンガが「週刊少年サンデー」を賑わせている。『名探偵コナン』ではない。『マギ』でもない。『銀の匙Silver Spoon』や『神のみぞ知るセカイ』(すべて小学館)でもない。はっきり言わせてもらおう、それらの作品とは次元が違う! ステージが違う!! 世界が違う!!!

 今「週刊少年サンデー」を最も賑わせているマンガ、その名は『競女!!!!!!!!』。連載されるや否や、ネット住民の間でも「サンデーが本気を出してきた」「久しぶりに燃える作品が出てきたな……」「なんか新しい世界の扉を開いた気がする」などなど、大きな反響を呼んでいるこの作品。舞台は日本だが、作品の世界では、競馬・競輪・競艇に並ぶ人気のギャンブルとして「競女」という女性が行う競技が存在しており、国民を熱狂の渦に巻き込んでいるという設定だ。主人公の神無のぞみは体操でオリンピックを目指せるほどの逸材ではあるのだが、その道には進まず、競女の選手となることを決める。というのも、のぞみの家庭は、トイレの水トラブルもガムテープで修理し、日々を卵かけご飯で食いつないでいるほどの貧乏家庭なのだ。それゆえに、競女で勝利した選手に支払われる賞金で億万長者になることを夢見て、その道に進もうというのである。しかし、のぞみは知らなかった。競女という競技がどんなものかを。そしてその過酷さを……。

 競女……それは、熾烈なる世界……。そう、女性は水上に浮かぶ「ランド」と呼ばれる舞台の上で、落とすか落とされるかを争うのだ。主に尻と胸を使って! はい、ここまで真面目に読んでいただいた方には大変申し訳ない。そうなのだ、薄々感づいておられたかとは思うが、『競女!!!!!!!!』はいわゆる"おバカマンガ"に分類される作品なのである。「週刊少年サンデー」のほかの人気作・話題作とは次元が違うという理由がわかっていただけたことだろう。

 ランドの上で、複数の女性がくんずほぐれつし、最後のひとりになるまで落とし合うのだが、手足の使用は禁止されているため、胸を押しつけたり、尻をぶち当てたりして戦う様が展開される。その絵はもうなんというか、ほぼ尻相撲、いや多人数でやっているので「おしくらまんじゅう」と言ったほうがいいか……とにかくその様は、見ているだけで「なんだかんだ言っても、日本って平和だなぁ」と思えるほどに、ばかばかしさに満ちあふれている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

競女!!!!!!!! 3 (少年サンデーコミックス)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連キーワード

どこを見てもおしり!? とんでもないおバカマンガが登場!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。おバカ週刊少年サンデーの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
2 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
3 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
4 財務次官セクハラが海外メディアでも
5 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
6 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
9 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
10 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 上念司もケントと同様、加計の客員教授
13 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
16 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
17 麻生太郎が愛人の店に2360万円
18 小林麻耶がラジオで涙の本音吐露
19 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
20 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12吉野復興相秘書が復興事業で利益誘導
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14“土俵は女人禁制”は本当に伝統?
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!