ネット・同人誌で話題沸騰!『進撃の巨人』短歌がアツイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1311_shingeki_tanka.jpg
短歌ブームをも巻き起こす? 『進撃の巨人』12巻(講談社)。

【おたぽる初出】(2013年12月)

 最近、どうやらTwitterや同人誌界隈で「短歌」が密かなブームを巻き起こしているようだ。なかでも、『進撃の巨人』(講談社)について詠んだ"進撃短歌"はかなりの人気を博し、ハッシュタグつきで続々とツイートされたり、名作がpixivでまとめられているほどだ。そんな"進撃短歌"とは、いったいどんなものなのだろう? 実際の作品を挙げながら見ていこう。

 まず、今年の夏コミで販売された短歌集『Soldat』には、作者の綾部ふゆが原作をもとに、104期生+兵長といった主要な登場人物たちのイメージを膨らませて作った短歌が収録されている。主人公のエレンには「我が指を食い千切りたる身熱よ哮(たけ)りて母を友を救えよ」という短歌が作られており、横には「もっと熱くなれ。もっと体を焼け。この指を食い千切るぐらいの熱よ、頼むから、もっともっと、オレを強くしろ。そして、あの時助けられなかった母さんを、みんなを救うんだ」という超意訳が添えられている。さらに、ミカサやアルミン、リヴァイ兵長をイメージした短歌も加えて、「【ガチで詠んでみました】進撃の短歌【綾部ふゆ】」というタイトルの動画まで作り、ニコニコ動画で公開している。その動画も「短歌かっこええ」「短歌ってのがまた味があって良いな…」とコメントが寄せられ、好評のようだ。

 また、先日11月4日に行われた文学系同人誌即売会「文学フリマ」では、少し変わったテイストの進撃短歌本が販売されていた。それが『壁外拾得物 分類番号3102-11-004』だ。これは、"死んだ兵士の手帳"をコンセプトに作られており、ある名もなき人物が兵団に配属されてから兵士として生涯を終えるまでの物語をまとめたもの。『進撃の巨人』のキャラクターに対する二次創作ではなく、『進撃の巨人』の世界観から創作していくという作品だ。本作中には、「足裏を離れ地上で踊るのはもう死んでいる自分の影だ」や「三人は金木犀の輪の中につがうことなき友であれかし」「ここからはだれもどこへもいけませんかみさまかみさまかみさま、おわり」といったように、『進撃の巨人』好きならばどこまでもイメージが膨らみそうな作品が多数収録されている。一つひとつ手作業で作られたこの本は、通販分も含めて即完売。読者からは「"進撃短歌本"の製作者たちが、死者たちの声を伝える巫女のように思えてきた」(@ginyoubi ツイッターより。)といったコメントが寄せられたりするほど。特定のキャラが登場する一般的な二次創作ではないが、『進撃の巨人』ファンにとって凝った作りの中で妄想の余地があるこの作品は、かなり心惹かれるもののようだ。

 ツイッターという限られた文字数で発信する場所が生まれたからこそ、同じく限られた文字数の中で色々な思いを表現する短歌が見直されてきたのだろう。加えて、誰かのツイートからさらに想像を膨らませたり、それに対して返歌を詠むこともできる。今後、同人誌や二次創作の世界では、ますます短歌ジャンルの人気が高まっていくのかもしれない。
(文/田口いなす)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ネット・同人誌で話題沸騰!『進撃の巨人』短歌がアツイ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。短歌進撃の巨人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
2 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
3 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
4 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
5 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
6 稲垣、草なぎ、香取と日本財団の関係
7 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
8 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
9 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
10 今年も紅白はジャニーズが私物化
11 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
12 “菅官房長官語”の非人間性を証明!
13 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
14 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15 宮崎駿がラジオで安倍と百田を批判!
16 仲間由紀恵を公安がマーク!?
17 『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が
18 加計学園で設置審委員が内情暴露!
19 義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
2加計が留学生募集!四国の獣医不足は?
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
5トランプ来日の目的は武器売りつけ
6直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
7日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
8テレビが封印した安倍とトランプの映像
9義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
10萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
11欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
12安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
13鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
14マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
17山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
18「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
19安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
20JASRACが坂本龍一を騙しうち!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」