ネット・同人誌で話題沸騰!『進撃の巨人』短歌がアツイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1311_shingeki_tanka.jpg
短歌ブームをも巻き起こす? 『進撃の巨人』12巻(講談社)。

【おたぽる初出】(2013年12月)

 最近、どうやらTwitterや同人誌界隈で「短歌」が密かなブームを巻き起こしているようだ。なかでも、『進撃の巨人』(講談社)について詠んだ"進撃短歌"はかなりの人気を博し、ハッシュタグつきで続々とツイートされたり、名作がpixivでまとめられているほどだ。そんな"進撃短歌"とは、いったいどんなものなのだろう? 実際の作品を挙げながら見ていこう。

 まず、今年の夏コミで販売された短歌集『Soldat』には、作者の綾部ふゆが原作をもとに、104期生+兵長といった主要な登場人物たちのイメージを膨らませて作った短歌が収録されている。主人公のエレンには「我が指を食い千切りたる身熱よ哮(たけ)りて母を友を救えよ」という短歌が作られており、横には「もっと熱くなれ。もっと体を焼け。この指を食い千切るぐらいの熱よ、頼むから、もっともっと、オレを強くしろ。そして、あの時助けられなかった母さんを、みんなを救うんだ」という超意訳が添えられている。さらに、ミカサやアルミン、リヴァイ兵長をイメージした短歌も加えて、「【ガチで詠んでみました】進撃の短歌【綾部ふゆ】」というタイトルの動画まで作り、ニコニコ動画で公開している。その動画も「短歌かっこええ」「短歌ってのがまた味があって良いな…」とコメントが寄せられ、好評のようだ。

 また、先日11月4日に行われた文学系同人誌即売会「文学フリマ」では、少し変わったテイストの進撃短歌本が販売されていた。それが『壁外拾得物 分類番号3102-11-004』だ。これは、"死んだ兵士の手帳"をコンセプトに作られており、ある名もなき人物が兵団に配属されてから兵士として生涯を終えるまでの物語をまとめたもの。『進撃の巨人』のキャラクターに対する二次創作ではなく、『進撃の巨人』の世界観から創作していくという作品だ。本作中には、「足裏を離れ地上で踊るのはもう死んでいる自分の影だ」や「三人は金木犀の輪の中につがうことなき友であれかし」「ここからはだれもどこへもいけませんかみさまかみさまかみさま、おわり」といったように、『進撃の巨人』好きならばどこまでもイメージが膨らみそうな作品が多数収録されている。一つひとつ手作業で作られたこの本は、通販分も含めて即完売。読者からは「"進撃短歌本"の製作者たちが、死者たちの声を伝える巫女のように思えてきた」(@ginyoubi ツイッターより。)といったコメントが寄せられたりするほど。特定のキャラが登場する一般的な二次創作ではないが、『進撃の巨人』ファンにとって凝った作りの中で妄想の余地があるこの作品は、かなり心惹かれるもののようだ。

 ツイッターという限られた文字数で発信する場所が生まれたからこそ、同じく限られた文字数の中で色々な思いを表現する短歌が見直されてきたのだろう。加えて、誰かのツイートからさらに想像を膨らませたり、それに対して返歌を詠むこともできる。今後、同人誌や二次創作の世界では、ますます短歌ジャンルの人気が高まっていくのかもしれない。
(文/田口いなす)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ネット・同人誌で話題沸騰!『進撃の巨人』短歌がアツイ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。短歌進撃の巨人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
15 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも