カリスマ主婦界の蒼井優!? 伊藤まさこが嫌われる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【messy初出】(2013年11月)

 辻希美や紗栄子、長谷川理恵、神田うの、加藤茶の妻・綾菜など、ネット上で鬼女たちからのウォッチの対象となっている"嫌われ女子"たち。彼女たちが嫌われてしまう理由はさまざまだが、そんな有名人たちの陰に隠れて、地味に嫌われ、ネット上で密かにバッシングされている女性がいる。それが、スタイリストの伊藤まさこだ。

 ご存じない方に説明すると、スタイリストである彼女の仕事は料理からファッションまでと幅広く、料理レシピ集にエッセイ集、パリやら京都を散歩した本、ブックガイド……と、何が本職なのかわからなくなるほどに著書を出版し、ヒットを連発。清潔感とナチュラルさがウケ、「クウネル」(マガジンハウス)や「天然生活」(地球丸)、「LEE」(集英社)などを愛読する"元オリーブ少女"たちから絶大に支持されている"主婦のカリスマ"なのだ。

 冒頭に挙げた芸能人のように派手な生活を送っているわけでもない、ナチュラル系スタイリストの彼女。だが、ネット上での嫌われ方は負けず劣らず壮絶で、2ちゃんねるのスレッドでは、バツ2で現在は人気木工作家と同居する"お盛んさ"がやっかみを買い、「あばれ貝」と不名誉なあだ名を付けられてしまったほど。どうやら"ていねいで慎ましやかな日常"をウリにする分、恋愛に奔放なイメージが仇となってしまっているようだ。また、出版物を乱発させすぎなのか、Amazonのレビューでも絶賛の声が並ぶ一方で、「この程度で一冊の本が出せるのはネームバリューだからとしか思えない」「各所で出してきたことの寄せ集めや焼き直しはもう飽き飽き」といったコメントも散見される。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

伊藤まさこの雑食よみ 日々、読書好日。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

カリスマ主婦界の蒼井優!? 伊藤まさこが嫌われる理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。カリスマ蒼井優の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
12 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画