生命保険は99%はずれる"クジ"!? 業界の知られざる手口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「Thinkstock」より

【ビジネスジャーナル初出】(2013年11月)

 毒舌で知られるタレント、マツコ・デラックスの新冠番組『マツコの日本ボカシ話』(TBS系)が、たった1回の放映で休止となり、結局打ち切りに追い込まれた。

 この番組は、金融や医療などの関係者が、それぞれの業界の裏事情や本音、ナイショ話を暴露するというもの。出演者には"顔のボカシ処理"などを使い、匿名性を担保した上で真実を語らせるという形式だった。

 番組休止についてTBSは「顔のボカシ演出が、局の内規に抵触する恐れがある」と説明していたが、それを信じる者は少ない。10月22日の第1回放映では生保レディーが出演し、枕営業などの実態について赤裸々に告白していたのだが、番組のスポンサーに生保会社が入っていたため、「生保からの圧力」「局営業側のクレームで自粛」などの理由が取り沙汰されている。

●生保業界が知られたくない実態

 生保業界のタブーに触れたことで番組休止に追い込まれてしまったのか、はたまたほかの理由があるのか──その真偽は不明だが、番組で紹介された以外にも、生保業界には知られたくない話がまだまだあるようだ。その実態を『保険会社が知られたくない生保の話』(日経プレミアシリーズ/後田亨)から紹介したい。

 本書は、長年大手生保会社で営業スタッフなどを務めた著者が、生保商品のカラクリや、業界の裏話、保険商品との付き合い方などを記したもの。さまざまな生保に関する疑問に対して、数字やデータ、具体例を示しながら解説するのだが、著者が主張するのは「保険業界は、情報開示と価格競争が進んでいない」ため、保険商品に不透明な部分が多く、限定的な利用にとどめたほうがいいということだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

保険会社が知られたくない生保の話 (日経プレミアシリーズ)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

生命保険は99%はずれる"クジ"!? 業界の知られざる手口のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブー保険の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 杉田水脈議員が「保育所はコミンテルンの陰謀」
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画