『黒バス』好きの腐女子にオススメ! 萌えるバスケBL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1311_bbl.jpg
アオイロチョーク』(日本文芸社)

【おたぽる初出】(2013年11月)

 たびたび脅迫状に悩まされ、コミケなどのイベントにも参加を見合わせたり、関連商品の販売が中止になるなどの憂き目に遭っている人気少年マンガ『黒子のバスケ』(集英社/以下、『黒バス』)。脅迫状問題はとどまるところを知らず、同人誌や関連イベントだけでなく、今やTSUTAYAや有隣堂といった一般の書店にも影響を及ぼしている。

 『黒バス』といえば、主人公の黒子と火神が"キセキの世代"と呼ばれるライバルたちを倒して、日本一を目指していくという王道のバスケマンガだが、腐女子からの人気が高いことで知られている。そこで、現状に心を傷めているであろう『黒バス』好き腐女子のみなさんにオススメしたいのが、『アオイロチョーク』(日本文芸社)『みづいろとぴんく、それからだいだい。』(心交社)『獣の愛し方』(芳文社)といったバスケBLだ。『獣の愛し方』は高校の弱小バスケ部にやってきたスーパールーキーの甘酸っぱい恋を、『みづいろとぴんく、それからだいだい。』では寡黙な後輩と優しい先輩の不器用な恋を描いている。そして10月28日に発売されたばかりの『アオイロチョーク』では、同じバスケ部のライバルで親友でもある2人が、クラスメイトの男の子をめぐって恋のバトルが繰り広げられる。各作品のあらすじを追いながら、『黒バス』との共通点を見ていこう。

 まず、『獣の愛し方』に登場する主人公・濱田は、ただ背が高いというだけで、目についた新入生の熊井をバスケ部に勧誘する。しかし、実は熊井は全国優勝したバレー部の正セッターで、陸上でも全国記録を持つほどのすごいやつだったのだ!そのため、濱田はほかの運動部からいわれのないバッシングや嫌がらせを受けるハメになり、さらに、自分のレギュラーの座まで熊井に奪われたことから、バスケ部を辞めてしまう。そんな濱田に対して、熊井は「俺は濱田先輩が好きだからバスケ部に入ったんです」と告白をする。熊井は、濱田のいない部活で腑抜けたようになり、練習中もボーッとしていて使い物にならなくなってしまったのだ。濱田がほかのバスケ部員に頼まれてしぶしぶ説得に行くと「濱田先輩が戻って来てくれるなら頑張れると思います」と満面の笑みで言う熊井。さらに、試合に勝った後は濱田の制止も聞かずに襲いかかってきたりする。ただし、濱田に「でもじゃねぇ!嫌うぞ!」と叱責されると、熊井は固まって真っ青になってしまう。「まるで猛獣使いになったようだ」と濱田は笑うが、"猛獣"と言うなら『黒子のバスケ』の火神も同じようなもの。先輩に誘われてバスケを始めるところなんかも、アメリカのジュニアスクール時代に友だちができなかった火神と、彼をバスケに誘ったひとつ上のライバル・氷室との関係に似ているかも。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アオイロチョーク (KAREN COMICS)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『黒バス』好きの腐女子にオススメ! 萌えるバスケBLのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ヲタ腐女子黒子のバスケの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
12 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画