沖田、土方より人気!? 新選組の「隊中美男5人衆」に萌える!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1311_shinsen.jpg
新選組美男五人衆』(小学館)

【おたぽる初出】(2013年11月)

 新選組といえば、やはり思い浮かぶのは近藤勇や沖田総司、土方歳三といった有名どころ。しかし、実はそんな彼らよりももっと"萌える"と人気の人たちがいた。それが、"隊中美男5人衆"と呼ばれる男たちだ。

 作家・子母澤寛の書いた『新選組物語』や『新選組遺聞』によると、文久3年の5月や6月頃にそれぞれ壬生浪士として入隊した彼ら。メンバーは、土方について函館戦争まで戦ったといわれる山野八十八をはじめ、同期の馬越三郎。父親とともに入隊した馬詰柳太郎。彼の同期である佐々木愛次郎。実は長州の間者として入隊していた楠小十郎の5人。もともと新選組は根強い人気を誇っているが、これまで隊中美男5人衆を描いた作品はなかった。しかし、最近そんな隊中美男5人衆を主人公にしたマンガが続々登場しているのだ。それが、10月30日に発売された『壬生狼ヤングゼネレーション』(柏葉ヒロ/小学館)と『新選組美男五人衆』(かれん/同)。
 
 そこで、これらの作品から彼らの萌えどころを紹介してみよう。

 まず、『新選組美男五人衆』でリーダーとして登場する山野八十八は、天然タラシキャラとして描かれている。八木邸裏にある水茶屋の娘・あやは、長州派で壬生浪士嫌いだったのに、八十八のえくぼのできる笑顔と優しさに惹かれ、彼のことが好きになってしまう。さらに、女性だけでなく、同じ新選組美男5人衆の同期・馬越にもその天然タラシっぷりを発揮するのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新選組美男五人衆 (フラワーコミックスアルファ)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

沖田、土方より人気!? 新選組の「隊中美男5人衆」に萌える!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新選組の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
2 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
3 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
4 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
8 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
9 高プロ法案の強行採決を許すな!
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
13 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
14安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?