キムタク『安堂ロイド』より萌えて泣ける!"アンドロイドBL"の世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1311_android_bl.jpg
500年の営み』(祥伝社/著者:山中ヒコ)

【おたぽる初出】(2013年11月)

 今クール最注目で始まるも、パッとしないキムタクこと木村拓哉主演のTBSドラマ『「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』」。内容について、「なにがなんだかわからない…」というコメントなど、聞こえてくるコメントのは悪評ばかりで、視聴率も伸び悩んでいるよう。そもそも「アンドロイド」と「恋愛」の組み合わせがよくなかったのでは? といったなどの声もある。

 しかし、映画『アンドリューNDR114』やアニメ映画『ハル』など、実はアンドロイドの恋を描く作品には、「泣ける」「切ない」といった声があがるものもが多い。そこで本稿では、「『「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』」よりも萌えて泣ける」と人気を集める『愛玩ドール100%』(ジュネット)や『ファーストマスター』(日本文芸社)、『500年の営み』(祥伝社)といった"アンドロイドBL"を紹介したい。果たして、これらの作品に登場するアンドロイドたちの"切なポイント""萌えポイント"とはどんなものだろう?

 まず、『愛玩ドール100%』に登場するのは、メイドロボットRXIG100号機のモモだ。セクサロイドと呼ばれる機種だけあって、その行動はかなりエロい。メイド姿で街中に佇んでいたモモはみ、初対面である主人公の直人に「そこのお前ちょっと来い」と言って強引にディープキスをする。そのまま、「さぁ来い!」とパンツもは穿いていない下半身を露出して「頼むから挿れて」と誘ったりもした。それに、右の乳首を押すとうさ耳としっぽが生はえて、左の乳首を押すと亀甲縛り状態で乱れまくるくらい淫乱でもある。しかしモモは決してエロいだけのアンドロイドではない。好きという気持ちがわからず、その感情を伝える術ももたない彼は、「胸が苦しいんだ 直人の喜ぶ顔が見たい 早く抱いて欲しい」とすがりつき、「俺がヒトだったら直人は喜んで抱いてくれた? ロボットだから?」と涙を流すのだ。そして、直人に抱かれながら「熱くて苦しい でも幸せだ 直人これは何て言うの」と尋ねる。その気持ちが"好き"という感情だと知ると、「直人のことが好きだ」と言って恥ずかしそうに笑うのだ。こうやって、一ひとつひとつ感情を知っていく過程は、やはり"アンドロイドの恋"の醍醐味と言えるだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

500年の営み (Feelコミックス オンブルー)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

キムタク『安堂ロイド』より萌えて泣ける!"アンドロイドBL"の世界のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アンドロイド木村拓哉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 杉田水脈議員が「保育所はコミンテルンの陰謀」
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画