宇多田ヒカルのパパが沢木耕太郎の「藤圭子」本に激怒の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
41QTeNxXm2L._SS500_.jpg
流星ひとつ』(新潮社)

【日刊サイゾー初出】(2013年11月)

 藤圭子の突然の死から2カ月足らずの10月中旬、ノンフィクション作家・沢木耕太郎が、三十数年前の藤を描いた『流星ひとつ』(新潮社)を緊急出版し、話題を集めている。

 藤の自殺直後、本サイトでは沢木がかつて藤と取材を通じて男女関係にあり、そのもつれから発表予定だった藤をテーマにした作品を封印してしまった事実を指摘していた(記事参照)。

 『流星~』はまさに、その封印していた"幻のノンフィクション"であり、今回の出版は「沢木は藤が自殺を遂げた今こそ、作品を発表すべき」と書いた本サイトの声が届いた形だ。

 ところが、この『流星~』に対し、藤の元夫でヒカルの実父である宇多田照實がかみついている。

 11月2日のTwitterで、フォロワーから「沢木耕太郎さんの『流星ひとつ』は読みましたか?」と質問された照實は、「厚かましく本を送って来ました。許諾もしてないし、30年以上前に発行予定だった本。藤圭子は怒っていると思います」と怒りをあらわに。「藤圭子さんが生前に出版する事を快く了承しています」と反論する別のフォロワーには、「僕はNYで原稿を受け取った藤圭子の怒りを目の当たりにしました」と主張している。

 しかし、この照實の発言には、いくつか首をかしげたくなる部分もある。まず、実子であり親族であるヒカルが出版に関し苦言を呈すのならわかるが、照實は藤と離婚しており、「許諾もしてない」と怒る権利はないようにも思える。さらに、藤はニューヨークで原稿を受け取ったと照實は述べているが、『流星~』のあとがきによれば、ニューヨークに移り住む以前に藤は沢木より原稿を受け取り「自分は出版してもいいと思うが、沢木さんの判断に任せる」と返事したと書いている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

宇多田ヒカルのパパが沢木耕太郎の「藤圭子」本に激怒の理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ノンフィクション歌手の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計「安倍首相と理事長の面談否定」は嘘
2 “日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
3 産経が新潟知事選でフェイク野党攻撃!
4 是枝監督の次回作は戦時中の満洲が舞台?
5 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
6 指原莉乃がセクハラをハニトラと
7 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
8 安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
9 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
10 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
11 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
12 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
13 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
14 安倍首相のちんこはちっちゃい?
15 高プロ法案の強行採決を許すな!
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
18 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
19 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20 田宮二郎自殺の真相を夫人が告白!
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
7日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
8産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
9 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
10のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13加計「安倍首相と理事長の面談否定」は嘘
14安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16“日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?