"イルカの絵"画家ラッセンはなぜヤンキーにウケるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
lassen.jpg
クリスチャン・ラッセン公式サイトより

【メンズサイゾー初出】(2013年10月)

 9月末頃からネット上で話題となった、現代美術家・奈良美智のTwitter激怒騒動。事の経緯は、「ギャラリーセラー」のディレクター・武田美和子が鼎談で「奈良さん好きな人とラッセン好きな人は同じだと思う」と発言し、実況ツイートを見た奈良が「武田さんの発言は、なんだか心外だなぁと思います(中略)ほんとにそうだったら、発表を辞めます。本気で」「つうか、俺、ラッセン大嫌い」などと反論したのだ。

 ご存じだとは思うが、ここで名の挙がったラッセンとは、神秘的なイルカの絵で知られるアメリカの画家クリスチャン・ラッセンのこと。奈良氏は同じくTwitterで、ラッセンについて「ああいう平和頭の理想的自然志向は理解できない。自分はもっとリアルな現実という壁に向かって立っている」と批判したが、実は武田氏の発言は"作風や作家としての姿勢"を同じだと言ったわけではなく、"マーケティングのプロモーションが同じ"と意見したもの。とはいえ、ラッセンと販売契約を結ぶアールビバン社は強引な販売手法で知られており、奈良氏にとってはマーケティングが同じと言われるのも心外に違いない。

 もちろん、奈良のファンたちもこの騒動に対し、「奈良さんとラッセンを同列にするなんて、ひどい話だ」「奈良さんとは対極にいると思いますけど?」と擁護。ラッセンのすさまじい嫌われっぷりがあらわとなった。しかし、なぜここまでラッセンは嫌われるのか? 先日発売された『ラッセンとは何だったのか? 消費とアートを越えた「先」』(フィルムアート社)から、その理由を考えていこう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ラッセンとは何だったのか? ─消費とアートを越えた「先」

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

"イルカの絵"画家ラッセンはなぜヤンキーにウケるのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マーケティングヤンキーの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
2 東京五輪買収は決定的と海外で報道
3 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
4 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 不倫女性が告白する本音と日常とは?
7 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
8 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
9 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
10 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
11 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
12 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
13 安室奈美恵事務所社長と暴力団
14 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
15 宇野常寛が『スッキリ』クビの裏側暴露
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
18 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
19 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
20 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
4安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5官製映画会社が22億円の公金をドブに
6 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
7卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
8Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
9青山繁晴「今週、戦争が始まる」と錯乱
10財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
11 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
12東京五輪買収は決定的と海外で報道
13西村京太郎「日本に現代戦は無理」
14安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
15NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
16田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
17原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
18沖縄に大量の核兵器が配備されていた
19再審却下の飯塚事件に冤罪の新証拠が
20安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」