「ダンガンロンパ」「リーガル・ハイ」…"へりくつ男子"に萌える理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【ウーマン初出】(2013年9月)

 口の立つ男、理屈っぽい男といえば、「うざい」「めんどくさい」「厨二っぽい」と煙たがられ、特に女性からは敬遠される。少なくとも、モテる男像としては最もかけ離れた存在だったはず。しかし、最近ではアニメやドラマ、映画などで、理屈っぽいどころか"へりくつ男子"と呼ぶべき男子たちの人気が高まっている。

 映画もドラマも大好評だった『ガリレオ』(フジテレビ系)だが、その魅力はなんといっても福山雅治演じる湯川学教授。「現象には必ず理由がある」が口癖の彼は、理系にありがちな論理系へりくつ男子といえるだろう。そして、ドラマが大ヒットし、秋には第2弾が放送されることも決まった『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)の堺雅人演じる古美門研介は、口を挟む隙を与えないほど矢継ぎ早に言葉を繰り出す、マシンガン系へりくつ男子といえる。同じく堺主演で、今期高視聴率をキープしているドラマ『半沢直樹』(TBS系)もその論破ぶりが人気だ。銀行員の半沢が、自分より目上の相手を言い負かす姿が見ていてスカッとすると視聴者に絶賛されている。あえて名付けるなら、彼は下剋上系へりくつ男子だろうか。

 このように、ドラマに登場するへりくつ男子が人気を集めている昨今。しかし、彼らよりもさらにその上、なんと、そのへりくつっぷりが「萌える」とまで言われる作品が登場した。それが、今夏アニメ化された『ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生』(TBSほか)だ。ストーリーは、学園長から殺し合いを強要された生徒たちが、学園で起こる殺人の犯人をつきとめるべく、学級裁判で推理を披露していくという作品だ。ここには、一体どんなへりくつ男子が登場するのだろう。

 まず、主人公の苗木誠は、童顔で心優しい平凡な高校生。例えば、犯人を問い詰める時も最初から決めつけることはせず、一つひとつ、相手に「キミの名前だよね」とか「昨夜トラッシュルームに行ったんじゃないの?」と問いかける。自分が犯人だと疑われた時も穏やかに、「でもその時間ボクは食堂に来なかったはずだよ」と、ずっと食堂にいたという女の子に確認するのだ。聞き方はおとなしめでも、根拠や確証を大事にする。そして、温厚で平和主義の苗木は、相手の言い分もきちんと丁寧に聞くのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生THE ANIMATION 1

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「ダンガンロンパ」「リーガル・ハイ」…"へりくつ男子"に萌える理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。○○男子堺雅人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
2 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
5 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 財務次官セクハラが海外メディアでも
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
13 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
19 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
20 上念司もケントと同様、加計の客員教授
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
9 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
20 財務次官セクハラが海外メディアでも