アニメ大国の中国が質・量ともに日本を超える日は来る!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
post_135_20140630.png
なんで私が中国に!?』(日野トミー著/イースト・プレス刊)

【ビジネスジャーナル初出】(2013年9月)

クールジャパン、ジャパニメーションなどのキャッチコピーでもてはやされ、アニメーションはいまや日本が世界に誇れる産業だ。しかし昨年には、そのアニメの制作量も中国に抜かれてしまったのをご存じだろうか。そのもてはやされ方とは裏腹に、低賃金、長時間労働、人手不足といった労働条件の悪さや現場の過酷さが度々話題になるアニメ業界。それでも、求められる作品のクオリティは高まるばかり。そんな状況下で、少しでもコストダウンするため、アニメ業界でもどんどん海外への外注を行っている。最近アニメのエンドロールを見ていると、中国や韓国の会社名やスタッフ名を目にする機会が増えた。

 現在の日本のアニメは、この中国や韓国に支えられて成り立っているといっても過言ではないが、その実態はあまり知られていない。そんな中国のアニメ事情がわかる本が登場した。それが、8月21日に発売された『なんで私が中国に!?』(日野トミー著/イースト・プレス刊)だ。この本の中で、作者であるアニメクリエイターの日野トミーがアニメ会社を設立するため、急遽中国の西安に行くことに。知られざる中国のアニメ業界とは、いったいどうなっているのだろうか?

 「日本アニメを見まくっているから目が肥えてる」というくらい日本のアニメが好きな中国人。しかし、日本のアニメは大好きでも「日本のオタク的なセンス」は浸透していない。そもそもアニメを見ている媒体が、海賊版動画サイトだから仕方がない気もするが、日本の萌え絵的なものを描くのはとにかく苦手なようだ。それに海賊版では、足りない素材を勝手に描いたり、どこかから拾ってきたりしている。やはり著作権に関する意識はかなり低いようだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

アニメ大国の中国が質・量ともに日本を超える日は来る!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アニメ業界海外アニメの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃