ルフィ、リヴァイ…最も経営者にふさわしいマンガキャラは誰か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
0629_sinkanjp.jpg
リーダーは誰だ?』(あさ出版/長尾一洋) 合弁失敗、開発遅延、部下の反乱、セクハラ騒動……リアルなビジネス小説として描かれる、社内トラブルを通して、リーダーの条件を学ぶことができる話題作

【ビジネスジャーナル初出】(2013年9月)

 最近、ちょっと変わったビジネス書が注目を集めている。タイトルは『リーダーは誰だ?』(あさ出版/ 長尾一洋)。文字通り、リーダーの資質を説いている本なのだが、他のビジネス書と違うのは、ストーリー仕立てになっている点だ。

 社員100名を抱えるIT企業、システムアシスト社長・吉沢拓真は、まったくタイプの違う8人の候補者の中から次期社長を選ぶことを決意する。新製品キャンペーン、不祥事、トラブル、海外企業との合弁、セクハラ……候補者たちには次々と課題が襲いかかり、吉沢は経営コンサルタント・安藤純一のアドバイスを受けながら、彼らの能力を見極めていく。

 いったい誰が社長になるのか? まるで推理小説のようにハラハラしながら読み進めるうちに、自然とリーダーに必要な条件がわかっていく仕掛けになっているのだ。

 詳しいストーリーや結末は実際に読んでいただくとして、本書によれば、リーダーに必要な条件は以下の10項目だという。

・人を巻き込み、同志とできるか?「エンロール力」
・率先して範を示せるか?「率先垂範力」
・細部を蔑ろにしていないか?「細心配慮力」
・非情になれるか?「非情合理力」
・部下愛をもって育てられるか?「部下愛育力」
・前向きさ、明るさを持っているか?「明朗快闊力」
・すべてを背負う覚悟はあるか?「リスクテイク力」
・人間を理解しているか?「人間理解力」
・ビジョンを作り、示せるか?「ビジョン構築力」
・使命感はあるか?「使命挺身力」  

 うん、ならば自分にいくつ当てはまるかチェックしてみよう……とやってみたら、ひ、ひとつも該当する項目がない! 日がな一日、自分の部屋でマンガを読んで、アニメを観て、ゲームをやっているだけなので、リーダーの資質なんてあるわけもないんだが、この結果は悲しすぎる。「ここはもう、得意の必殺技・現実逃避だ」というわけで、そのマンガやアニメに登場するキャラクターたちで、リーダーテストをやってみることにした。二次元の中でリーダー然としてふるまう彼らにその資質があるのか、そして誰が最も社長にふさわしいのか。本の主人公・吉沢社長になった気分で選んでみようじゃないか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ルフィ、リヴァイ…最も経営者にふさわしいマンガキャラは誰か?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ONE PIECEジョジョの奇妙な冒険進撃の巨人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも