>  >  > つんく♂歌詞は“痛さ”が魅力?

モー娘。再ブレイクを期にあえて主張! つんく♂の歌詞は「痛くない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【リアルサウンド初出】(2013年9月)

 モーニング娘。の最新シングル『わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団』が9月3日発表のオリコンチャートで1位を獲得した。これで3作連続1位の記録を達成し、モー娘。完全復活を印象づけた格好だ。このモー娘。の快進撃によって、Berryz工房や℃-ute、スマイレージなどの姉妹グループも女性を中心にファンが急増。AKB48にその座を奪われ続けてきたハロプロが息を吹き返しつつある。

 しかし、これだけ勢いに乗っているにもかかわらず、ハロプロには"ある悩み"が存在する。いま、モー娘。が新規ファンを獲得できたのは、韓流に負けない"世界基準"のエレクトロニックなサウンドや、他グループの追随を許さない独特のフォーメーションダンスにある。……が、アイドルの世界観をつくりあげる肝心の歌詞が「痛い」という評価がついて回るのだ。

 実際、ネット上では、AKBヲタは秋元康と比較して「秋元はシングル売上枚数で阿久悠を超えた作詞家。それに比べてつんく♂の詞は終わってる」「完全に時代とズレてる」と攻勢を強めている。いつもなら血気盛んなハロプロヲタたちも「我が軍の最大の弱み」「寺田(つんく♂の本名)はもう限界」などと弱気で、中には「秋元のほうが歌詞はいい」と負けを認める人も出てくるほどだ。

だが、あえてここで声を大にして言いたい。つんく♂の歌詞は世評ほどひどいものではない。いや、むしろつんく♂の企みは、新たなアイドル文化の創造と、日本の作詞家文化を更新させる"前衛運動"なのである。その革新性を、細かく見ていこう。

 まず、つんく♂の歌詞の特徴のひとつに挙げられるのは、食べ物ネタが多い点。とくに、一時期は謎の"米ブーム"が起こり、<米がうまいぜ!日本中 お茶を飲め飲め最高茶葉 豊作でええねえ~>(モー娘。「HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?」)なんて詞も。茶葉だ豊作だと言われても……たしかにヲタがついて行けない気もわからなくもない。

 だが、<帰りにうどん食べてくわ 明日が待ってるもん!>(℃-ute「Danceでバコーン!」)などは人生讃歌そのものだし、<メールしたりラーメンしたり ああ充実 WOO YEAH 生きていく理由がわかった私>(モー娘。「1から10まで愛してほしい」)なんかは、女の子の実態を見事に表現。前シングル「one two three」の<電話なんて待ってないけど 鳴ってくんないと胃が苦しい マンガ読んでごまかすのよ>の歌詞にも顕著だが、彼氏とラーメンを食べて心が満たされたり、彼氏から連絡がないのをマンガで気を紛らわせたり、これこそ普遍的な女子のリアル、ガチ女子像である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団(初回生産限定盤A)(DVD付)

  • amazonの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ
新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
2 村上春樹が新作に込めたメッセージ
3 維新から出馬報道、シミケンは嘘つき?
4 創価学会信者・長井秀和がタブーに言及
5 国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
6 石原慎太郎を増長させたメディアの責任
7 国谷裕子がクロ現降板の舞台裏を告白!
8 読売・清水アナが維新から市長選出馬?
9 X JAPAN、TAIJIの死の謎
10 金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
11 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
12 『めちゃイケ』にジャニーズの圧力
13 グッディ!土田マジギレ真の原因
14 X JAPAN TAIJI死の究明に前進
15 故・松田優作の在日差別への恐れ
16 国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
17 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
18 安倍が「云々」を「でんでん」と読み恥
19 共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
20 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
PR
PR
1「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
2安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
3保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
4国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
5共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
6安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
7安倍はトランプにFTAを要求されてた
8稲田の憲法蹂躙発言に国会前抗議デモ
9国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
10山崎まさよしの憲法9条の歌とは?
11安倍とトランプが反マスコミで意気投合
12南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
13室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方
14ゴルフめぐり安倍とトランプ嘘つき合戦
15米山新潟知事が語った共謀罪と原発
16安倍もうひとりの祖父の物語
17厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
18厚切りジェイソンが“日本スゴい”批判
19アパ代表「ユダヤ陰謀論」
20金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」