"おねショタ"マンガに登場する小学生男子がイケメンすぎてヤバい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
マンガ
初恋モンスター』(日吉丸 晃/講談社)

【messy初出】(2013年8月)
 
 最近、ネットでとあるマンガの1コマがヤバすぎると物議をかもした。それは、妖艶な表情を浮かべたクールなイケメンが、女の子に向かって「で…俺小学生だけどどうする?」と言っている1コマ。「いったいどういうこと?」と思ってよくよく見てみると、彼はランドセルを背負っているし、体操服姿の胸元には「5-1高橋」の文字が……。

 ネット上ではこれを見て、「ワロタwwwwwwwww」「え…小学生…え??」「俺が知ってる小学生と違う」「もはやホラー」というコメントが溢れた。多くの人に衝撃を与えたこの1コマは、『初恋モンスター』(講談社/日吉丸晃)という作品で、小学生男子と女子高生の恋愛模様を描いたもの。単行本の発売前からこのコマの効果で大きな話題を呼んだ。

 しかし、実はこの"イケメン小学生×女子高生"という脅威のカップリングがウリの作品は数多く、女子の読者たちから圧倒的支持を集めているのだ。女子高生のお姉さんと小学生ショタの組み合わせ、略して"おねショタ"である。
 それでは、年上女子たちを夢中にさせている小学生男子たちは、一体どれほどイケメンなのだろうか? まずは、件の『初恋モンスター』を見てみよう。

 物語は、お嬢様育ちの女子高生ヒロイン・夏歩が車に轢かれそうになったところをイケメン小学生の奏に助けられ、一目惚れしてしまうというもの。この奏、ネット上でも「発育が良すぎる」と話題になっていたが、長身すぎてランドセルでも背負っていない限り絶対に小学生には見えない。そのうえ、小学生だとは知らないヒロインから告白されたときも、「本当の俺を知っても好きだって言えるならあんたと付き合ってもいい」と不敵に笑って返すのだ。

 こんな強気で大胆な返しをする小学生、実在したら怖いのだが、いざ付き合いはじめるとさらにスゴイ。「じゃ今日から彼女ってことで」と言って頭をぽんぽんと撫でたり、突然後ろから抱きしめて二の腕を触ってきたりと、女子が泣いて喜ぶ"さりげないスキンシップ"術を小学生ながら身につけているのだ。また、他のクラスメイトの前でもヒロインのことを「こいつ俺の彼女」と言って紹介するなど、相手が女子高生でもまったく動じず、自然と彼女扱い。たしかにこの小学生、"モンスター"である。

 また、同様に"おねショタ"ものである『かてきょん』(竹書房/あづま笙子)では、小学生のカムイが女子高生ヒロインの家庭教師をすることになるのだが、彼の言動も小学生とは思えないもの。たとえば、公園のベンチでヒロインがうたた寝しているところを発見するとつい放っておけず、隣に座って膝枕してあげる。さらに、ヒロインが木登りをしていて落ちそうになると、体格的に絶対受け止められるはずもないのに「危な…」と言って飛び出し、下敷きになってまで受け止めようとするのだ。この行き過ぎた気遣いに、とっさの行動力! さらに、どんなにヒロインのテストの点数が悪くても、決してバカにしたりせず、根気良く付き合う場面も。彼女に認めてもらうために一生懸命努力し、つりあうように背伸びをする……小学生にして、優しさと包容力を兼ね備えているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

初恋モンスター(1) (KCx ARIA)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

"おねショタ"マンガに登場する小学生男子がイケメンすぎてヤバいのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ヲタ女子高生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
2 美智子皇后がトランプとの面会に難色
3 マツコがLGBT発言を封印した理由
4 レコ大責任者がバーニング周防社長を告発
5 美智子皇后が事実婚パートナーに神対応
6 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
7 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
8 安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
9 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
10 たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
11 欅坂・平手が「今年はひどいことばかり」
12 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
13 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
14 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
15 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
16 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
17 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
18 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
19 安室奈美恵ベスト盤にも奴隷契約の影が
20 「不倫学」が教える防止策とは?
1安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
2国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
5義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
6萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
7安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
8安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
9欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
10 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
11鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
12内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
13マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
14安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
17美智子皇后がトランプとの面会に難色
18「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
19日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
20JASRACが坂本龍一を騙しうち!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」