被災地舞台『あまちゃん』で震災死亡予想した週刊誌は不謹慎?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「あまちゃん 公式サイト」(NHK HP)

【ビジネスジャーナル初出】(2013年8月)

「じぇじぇじぇ」の台詞もすっかり世間に定着した、大人気のNHK連続ドラマ小説『あまちゃん』。週刊誌でも毎週のように"あまちゃんネタ"が取り上げられ、もはや社会現象といえる状態である。

 そんな中、盛り上がっているのが「夏ばっぱ死亡説」というストーリー予想だ。宮本信子演じる「夏ばっぱ」が東京編からナレーションを外れたことや、劇中に登場する歌『潮騒のメモリー』に「三途の川のマーメイド」という歌詞が出てくることから、「夏ばっぱは死んじゃうのでは?」というのだ。

 この"死亡予測"、最初はネットが中心だったが、最近は週刊誌もこぞって取り上げ始めた。特に熱心なのが「週刊ポスト」(小学館)で、6月28日号を皮切りに毎週のように記事を掲載している。

 例えば、7月5日号ではメディア論が専門の大学教授までが登場して、「寂しいですが、夏ばっぱ(宮本信子)は亡くなってしまうでしょう」と明言したかと思えば、翌12日号では「津波にのまれた夏ばっぱを夫の忠兵衛がマグロ漁船で救出」という、あぜんとするような視聴者の声をピックアップ。そして、8月2日号では、「春子役の小泉今日子がロケにきていない」という情報をもとに「この『春子不在情報』が意味するのはまさか……」と、春子が震災で亡くなることを推測し、記事にしているのだ。

 フィクション作品で作中人物の死亡予想が行われることは珍しい話ではない。「死亡フラグ」という言葉があるように、ドラマはもちろん映画やマンガ、小説では「これは死ぬ前兆かも」と推測して楽しむ人も多いはずだ。

 だが、こと『あまちゃん』に関しては、ちょっと話が違うのではないだろうか。というのも、『あまちゃん』はドラマとはいえ、実在する東日本大震災の被災地が舞台になっており、こうした死亡予測もこの先、ドラマで震災が描かれることを前提にしているからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

被災地舞台『あまちゃん』で震災死亡予想した週刊誌は不謹慎?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHK朝ドラの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍首相の大嘘解散会見に騙されるな!
2 前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
3 麻生「武装難民は射殺」発言は差別煽動
4 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
5 安倍の身勝手解散は民主主義の破壊
6 室井佑月が前川前事務次官に加計問題を訊く
7 総選挙直後に加計獣医学部を認可の情報
8 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
9 痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
10 灘中校長が語る自民党とネトウヨの圧力
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
13 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
14 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
15 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
16 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
17 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
18 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
19 東京五輪買収は決定的と海外で報道
20 小池知事が震災朝鮮人犠牲者追悼を拒否
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3安倍御用・山口敬之の不起訴はおかしい
4安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
6安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
7前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
8室井佑月が前川前事務次官に加計問題を訊く
9安倍首相の大嘘解散会見に騙されるな!
10 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
11総選挙直後に加計獣医学部を認可の情報
12Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
13 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
14卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
15東京五輪買収は決定的と海外で報道
16田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
17痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
18NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
19安倍の身勝手解散は民主主義の破壊
20沖縄に大量の核兵器が配備されていた

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」