宇多田ヒカル母・藤圭子の封印された評伝、大物作家との悲恋とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
fuji_140624_b.JPG
藤圭子 GOLDEN☆BEST』(BMG JAPAN)

【日刊サイゾー初出】(2013年8月)

 8月22日、マンションから飛び降り自殺を図った藤圭子。ワイドショーでは連日、関係者が生前の彼女の様子や思い出を語っているが、ぜひ藤について語ってほしい人物がいる。いや、"書いてほしい"と言うべきだろうか。

 その人物とは、『深夜特急』(新潮社)、『テロルの決算』(文藝春秋)などで知られる人気ノンフィクション作家・沢木耕太郎である。最近ではロバート・キャパの代表作を題材にした『キャパの十字架』(同)を出版して話題を呼ぶなど、ノンフィクション界の第一線に立ち続けている大御所だが、実は沢木は、今から34年前の1979年、藤圭子のノンフィクションを書くべく1年間に渡って密着取材を行っていた。そして原稿を書き上げたのだが、なぜかそれは日の目を見ることなく、今も封印されたままなのだ。

 なぜ1年も密着し、書き上げたものが発表されずにいるのか……。誰もが不思議に思うが、その理由は沢木と藤が取材を通して恋愛関係に発展、それがこじれた結果、出せなくなってしまったのだという。

 この2人の経緯を暴露しているのは、伝説のスキャンダル雑誌「噂の眞相」1999年11月号。新宿御苑に程近い雑居ビルの壁際で、カップルのように親しげなムードで内輪もめを起こしている様子を見たというマスコミ関係者のコメントや、藤が突然引退して渡米したのは、沢木とニューヨークで暮らす約束をしていたからだとする関係者からの証言を紹介している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

宇多田ヒカル母・藤圭子の封印された評伝、大物作家との悲恋とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ノンフィクション歌手の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
2 痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
3 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
4 東京五輪買収は決定的と海外で報道
5 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
6 不倫女性が告白する本音と日常とは?
7 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
10 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
11 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
12 市川沙耶と熱愛・野島アナに二股の過去
13 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
14 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
15 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
16 安室奈美恵事務所社長と暴力団
17 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
20 ジャニーズ事務所のSMAP消去作戦
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
4水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
5官製映画会社が22億円の公金をドブに
6 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
7Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
8卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
9 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
10財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
11東京五輪買収は決定的と海外で報道
12西村京太郎「日本に現代戦は無理」
13田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
14安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
15安倍御用・山口敬之の不起訴はおかしい
16安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
17NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
18原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
19沖縄に大量の核兵器が配備されていた
20再審却下の飯塚事件に冤罪の新証拠が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」