テレビ局も抱える著作権トラブル、"原作"と"原案"の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
geraqfgrweq.jpg
土屋アンナ オフィシャルブログより


【日刊サイゾー初出】(2013年8月)
 ついに製作者側が東京地裁に損害賠償請求訴訟を起こし、判断が司法に委ねられた土屋アンナの舞台降板騒動。そんな中、注目を集めているのが、"原作と原案の違い"という問題だ。

 今回の騒動では、舞台の原作者である濱田朝美は"舞台化を許諾していない"と述べているが、舞台製作者側は"原案にすぎない"と主張。この問題は『ミヤネ屋』(読売テレビ系)や『ひるおび!』(TBS系)などのワイドショーでも大きく取り上げられ、著作権が発生する原作とは違い、「原案の場合は、作者の許諾やギャランティは必ずしも発生しない」「原案には著作権は存在しない」という説を紹介していた。

 しかし、ここでひとつ疑問が生じる。テレビで紹介された説を現実に置き換えれば、「身体が大きくなったり小さくなったりする海賊の少年が主人公の物語」という、あからさまに『ONE PIECE』を想像させる物語を、著作権者である尾田栄一郎や集英社の許諾もなく、勝手にアニメや小説、舞台にすることができるということになってしまう。それってOKなのか?

 確かに、原作と原案の違いについて、明確なルールは存在しない。例えば、北川景子主演の土曜ドラマ『悪夢ちゃん』(日本テレビ系/2012年)は、恩田陸の『夢違』が原案とされているが、こちらも小説には出てこない主人公の少女時代のオリジナルストーリーをテレビドラマとして展開。また、映画化もされた渡部篤郎主演のNHKドラマ『外事警察』(09年)でも、麻生幾の同名小説は「原案」とクレジットされているが、小説に登場しない人物や、名前は同じでも所属部署や役割が異なる人物が多く登場するなど、小説とテレビドラマでは異なる点が多かった。

 さらに、吉永小百合主演で、吉永自身もプロデュースにかかわった映画『北のカナリアたち』でも、湊かなえの『二十年後の宿題』が原案とクレジットされているが、吉永が原案小説の文庫版の解説に寄せた文章によれば、元教師が主人公のオリジナルストーリーを構想していたところ、よく似た設定の「二十年後の宿題」を偶然発見。「原案とさせてほしい」と、湊に連絡をとったのだという。

 これらは、小説に着想を得てオリジナルの設定を加えたもの、あるいは制作を進めていた際に類似した物語を発見し、著作権者に了承を得たことなどから、「原案」としたケースといえよう。だが、原作にはない人物が登場したり、設定がかなり改編されていても、原案ではなく「原作」としている場合も多々ある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

知的財産法入門 (岩波新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

テレビ局も抱える著作権トラブル、"原作"と"原案"の違いは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。著作権訴訟の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
2 東京五輪買収は決定的と海外で報道
3 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
4 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 不倫女性が告白する本音と日常とは?
7 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
8 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
9 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
10 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
11 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
12 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
13 安室奈美恵事務所社長と暴力団
14 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
15 宇野常寛が『スッキリ』クビの裏側暴露
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
18 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
19 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
20 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
4安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5官製映画会社が22億円の公金をドブに
6 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
7卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
8Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
9青山繁晴「今週、戦争が始まる」と錯乱
10財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
11 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
12東京五輪買収は決定的と海外で報道
13西村京太郎「日本に現代戦は無理」
14安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
15NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
16田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
17原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
18沖縄に大量の核兵器が配備されていた
19再審却下の飯塚事件に冤罪の新証拠が
20安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」